春名風花のツイートに反響「学校に行かなくてもいいんだよは、いじめている側にかけるべき言葉」

春名風花のツイートに反響「学校に行かなくてもいいんだよは、いじめている側にかけるべき言葉」

「はるかぜちゃん」の愛称で知られる女優の春名風花が8月25日、自身のTwitterを更新。始業式を控えた学生たちへのメッセージとして「いじめをするのなら、学校なんて来なくても良いんだよ」とするメッセージを投稿し反響を呼んでいます。

春名風花「いじめをするのなら、学校なんて来なくても良いんだよ」

harukazechan
春名風花 公式Twitterより

はるかぜちゃんの愛称で知られる女優の春名風花が8月25日、自身のTwitterを更新。毎年8月31日の新学期前になるとネット上で多くのユーザーから、学校に行きたくない学生へメッセージが発信されることに触れ、学生に向けメッセージを投稿しています。

春名は夏休み終盤になると「無理して学校に行かなくて良いんだよ」といったツイートが増えるが、「学校に行かなくてもいいんだよ」はいじめている側にかける言葉だと投稿。

「他人の学ぶ権利を邪魔するのならば、学校には来ないでください。いじめなんてせず、真面目に学校に通いたい人達の迷惑になります」「そして、いま現在いじめを受けている皆さん。あなたがたには堂々と学校に行く権利があります。誰にも遠慮せず学ぶ権利があります。その事を絶対に忘れないでください」とメッセージした。

春名「不登校にすることで、その時だけ問題を解決したことにしている」

春名の一連の投稿はTwitterで広く拡散され、ネット上では賛否両論さまざまな意見が寄せられています。春名は先のツイートに続き、現在はいじめ被害者側が一方的にリスクを背負わされている状態だと指摘。

また、いじめ加害者側も被害者が学校に来なくなれば罪を償うことも反省することもできないとし、加害者にとっても「不幸なこと」だとし、被害者を不登校にすることで一時的な問題解決をしている現状から、ほんとうの意味での解決に踏み出して欲しいとコメントしています。