2020年のiPhone、新たなコンセプトイメージが公開――5.4インチは「iPhone SE」ファンに人気が出そう

2020年のiPhone、新たなコンセプトイメージが公開――5.4インチは「iPhone SE」ファンに人気が出そう

2019年10月1日

Appleが2020年に発表する新型「iPhone」の新たなコンセプトイメージが公開されています。公開したのAppleのリーク情報に定評のあるBen Geskin氏。先日はスペースグレイモデルのコンセプトイメージでしたが、今回はゴールドモデルのコンセプトイメージとなっています。

2020年のiPhone、5.4インチ&6.7インチのコンセプト画像

2020-iphone-1
Ben Geskin氏のTwitterより

Appleのリーク情報に定評のあるBen Geskin氏が、2020年に登場する予定のiPhoneについて、コンセプトイメージを公開しています。現時点で報じられているデザインの変更などが反映されています。

Ben Geskin氏は数日前にも2020年のiPhoneのコンセプトイメージを公開していましたが、前回のコンセプトイメージはスペースグレイモデル。新たに公開されたコンセプトイメージはゴールドモデルとなっています。

2020-iphone-2
Ben Geskin氏のTwitterより

2020年のiPhoneに関する現時点での情報としては「ノッチ部分がなくなり、Face IDやTrueDepthカメラがベゼルに内蔵される」「iPhone 4のような金属製フレーム構造が採用される」という情報が伝えられています。

2020-iphone-3
Ben Geskin氏のTwitterより

5.4インチモデルは「iPhone SE」のように見えなくもない

2020-iphone-4
Ben Geskin氏のTwitterより

2020年のiPhoneのコンセプトイメージは見た目が「iPhone 4」のように見えるため、限りなく「iPhone SE」に近づいたモデルになりそう。

「iPhone SE」後継モデルについては2020年上半期に発売されると報じられており、本体「iPhone 8」とほぼ同じとされています。「iPhone 8」は138.4 × 67.3 × 7.3(mm)、「iPhone SE」は123.8 × 58.6 × 7.6(mm)と若干サイズが大きくなる見通し。