【TENGA世界調査】「最も快いと感じるのはどれ?」各国の1位は「SEX」、日本だけ「美味しいものを食べる」

【TENGA世界調査】「最も快いと感じるのはどれ?」各国の1位は「SEX」、日本だけ「美味しいものを食べる」

株式会社TENGAが、「マスターベーション世界調査報告」を公開しました。日本を含む世界9か国と地域のアンケートや座談会をもとに、世界の性文化や、海外から見た日本に性について、その差を調査したもので、日本は「パートナーのSEXに対する満足度は?」で最下位。「最も快いと感じるのはどれ?」という質問で、世界では「SEXをする」が多い中、日本だけが「美味しいものを食べる」が1位となっています。

TENGAが世界調査、日本と世界で文化はどう違う?

TENGAが、日本を含む世界9カ国と地域それぞれに取ったアンケートや座談会をもとに、世界の性文化や、海外から見た日本の性について調査した結果が公開されています。

「マスターベーション世界調査報告」では、「パートナーのSEXに対する満足度は?」という問いに、欧米諸国と中国は約70%が「満足している」と回答していますが、日本は最も低い約40%とう結果となっています。

TENGA_20_1
Q:パートナーのSEXに対する満足度は?

また「最も快いと感じるのはどれ?」という問いでは、「SEXをする」「スポーツやエクササイズをする」「マッサージをする」などの14項目をランク付けする形で回答を集めたところ、日本以外のほとんどの国が「SEXをする」が1位という結果に。日本だけが「美味しいものを食べる」が1位となっています。

TENGA_20_2
Q:最も快いと感じるのはどれ?

「マスターベーションは健康に良いと思う? 悪いと思う?」という問いでは、「良い」が高い傾向にあるものの、国によってさまざま。

アメリカでは「ひとりぼっちでかっこ悪い」といったイメージがある、中国では「し過ぎるとよくない、という昔からの教えがある」とネガティブな意見もあるようですが、スペインでは「健康のために良いというイメージが一般的」なのだそう。

TENGA_20_3
Q:マスターベーションは健康に良いと思う? 悪いと思う?

またアメリカ・スペイン・中国・イギリス・カナダ出身の男女で行われた座談会では、「日本に来て驚いたこと」は満場一致で「ラブホテル」だったとのこと。「ラブホテルがたくさんある」「SEXをするための施設って他の国ではあまり見ない」「欧米ではSEXをする場所は自宅が一般的」などの意見があがっています。

座談会でも、日本は「最も快いと感じる行動」で食事が1位になると予想されていたということです。

「安定の日本人」「日本人はモテよりメシ!」などSNSで反響