AirPodsを片方ずつ交換し、Google翻訳の音声読み上げ機能で会話をする動画が話題 言語の壁すら超えられそう

AirPodsを片方ずつ交換し、Google翻訳の音声読み上げ機能で会話をする動画が話題 言語の壁すら超えられそう

AirPodsをお互いに片方ずつ交換し、Gooogle翻訳アプリの読み上げ機能を使って会話をする動画が、TikTokで注目されています。これはもしかしたら、言語の壁すら超えられるかもしれない。

Z世代は発想の転換で言語の壁を簡単に超えてくる……

airpods-googletranslate
注目されていたTikTokの投稿より

AirPodsの片方を相手と交換し、「Google翻訳」アプリに相手に伝えたいメッセージを入力。音声読み上げ機能を使うことで、相手にメッセージを伝えるとう動画が、TikTokで注目されています。

「AirPodsを交換する」というところがポイントなので、一定の信頼関係のある相手とのコミュニケーションでしか利用できませんが、ワイヤレスイヤホンだからこそ使えるコミュニケーション方法。完全に目からウロコ。

@_leilanaa

try this! #foryoupage #airpods #seeya #WhatsYourStuf #officelife #makethisviral

♬ The Box - Roddy Ricch

動画ではAirPodsを使っていますが、これはワイヤレスイヤホンであれば行うことができます。

本来の「翻訳」を使えば、言語の壁を超えたコミュニケーションもできそう

誰とでも使えるコミュニケーション方法とは言い難いですが、Google翻訳の翻訳結果を音声読み上げすることで、言語の壁を超えたコミュニケーションも可能です。

使い所は限られるかもしれないですが、若者ならではの発想のように思えます。

メッセンジャーアプリではなく、あえて音声読み上げを使い、コミュニケーションできる範囲も限定的。フィルムカメラを使うようなエモさを感じますね。