Twitter「非公開リスト名」が丸見えになるバグ、河野太郎防衛大臣の流石すぎるリスト管理に注目

Twitter「非公開リスト名」が丸見えになるバグ、河野太郎防衛大臣の流石すぎるリスト管理に注目

Twitterで2月6日夕方頃から、ユーザーが作成している非公開リスト名が、第三者から丸見えになってしまうというバグが発生しています。さまざまなユーザーが非公開リスト名を晒される騒動に発展していますが、河野太郎防衛大臣のリスト管理は流石でした。

Twitter「非公開リストの名前」が丸見えに

twitter

Twitterで2月6日夕方頃から、ユーザーが作成した「非公開リスト」の名前が第三者から丸見えになってしまうという不具合が報告され、大きな注目を集める騒動に発展しています。

現在、不具合は解消されています。

Twitterのリスト機能は、チェックしたいアカウントだけのタイムラインを作成する機能。リストには「公開」「非公開」の2種類があり、非公開に登録すれば第三者にはリストが存在していることもバレません。

そのため「非公開リスト」は第三者に見られることを想定していないため、リスト名だけでも"やばい"ケースがあります。

著名人らの非公開リストのスクショが拡散される

非公開リスト名が第三者から丸見えになる不具合で、さまざま著名人の非公開リスト名をスクショした画像が拡散されています。

Twitterのエゴサーチ能力がずば抜けて高いことで知られる河野太郎防衛大臣も、今回の騒動で非公開リストが流出。Twitterヘビーユーザーも驚くほどしっかりとリスト管理がされていて、流石としか言いようがありません。

騒動に便乗して非公開リスト名を使った告知をするアイドル、逆に好感度をあげるパペットマペット、アンチと言う名前のリストを作っているGACKTなど、ちょっとしたお祭り騒ぎ(悪い意味で)となっていました。