コミケ中止、印刷所や今後の開催を危惧する声も 「とらのあな」「アズールレーン」など支援を表明

コミケ中止、印刷所や今後の開催を危惧する声も 「とらのあな」「アズールレーン」など支援を表明

2020年3月27日

コミックマーケット準備会は3月27日、5月2日〜5日にかけて東京ビッグサイトで開催予定だった「コミックマーケット98」の開催中止を発表しました。ネット上では中止の影響で、印刷所を心配する声や、今後のコミックマーケット開催を危惧する声などがあがっています。

コミケ中止「苦渋の決断」「今後も可能な限り、開催の継続に向けて努力」

PAK25_tokyobigsiteaozora_TP_V

5月2日〜5日にかけて東京ビッグサイトで開催が予定されていた「コミックマーケット98」の開催中止が発表されました。

コミックマーケット準備会は、政府や東京都における大規模イベント等の自粛要請が続くなか、開催まで1カ月を切る状況で、政府の新型コロナウイルス対策本部専門家会議の提言等を総合的に考慮し、開催中止という結論に至ったと説明。

「同人誌を中心として、すべての表現者を受け入れ、継続することを目的とした表現の可能性を広げるための『場』である」ことを理念としているため、「開催中止するのは苦渋の決断」としています。

1975年の開始依頼、様々な問題や開催継続の機器を乗り越えてきたが、開催中止となったは今回が初めて。「今後も可能な限り、開催の継続に向けて努力を続けていきますので、参加者・関係者の皆さんには、ご理解・ご協力をいただけますと幸いです」とコメントしています。

コミケ中止、ネットの反応は?「印刷所廃業……という展開はありうる」

コミケ中止を予測していたユーザーからは、中止の発表前から「コミケ中止で印刷所廃業……という展開はありうる話だと思います」「準備会も印刷所もタヒぬけど、本印刷済みで頒布できないサークルもタヒるのよね…」など心配する声があがっていました。

中止の発表にあわせて、「4月11日発売予定の『コミックマーケット98カタログ(冊子版)』は、すでに印刷・製本工程に入っているため、このまま発売します。コミックマーケットの継続に対するご支援・ご協力という意味で、ぜひご購入をお願いします」と案内されていたことから、多くのユーザーがカタログの購入を表明しています。

一方「とらのあな」は支援企画を発表。「アズールレーン」も「現在クリエイターや関連業界支援のための対応について、関連部署と検討・調整しております」と支援を表明しています。