醤油さしを「ケイタイする除菌」に #SafeHandFish プロジェクト に賛否

醤油さしを「ケイタイする除菌」に #SafeHandFish プロジェクト に賛否

2020年4月22日

「新型コロナウイルス感染症の影響で、世界中で除菌抗菌液が不足し、必要な生活者に流通していない」という現状から誕生したという「#SafeHandFish」プロジェクトに、ネット上で賛否の声があがっています。同プロジェクトは、お弁当などでお馴染みの「魚の醤油さし」に除菌液を充填し、ケータリングなどに無償提供するという内容。

魚の醤油さしに「除菌液」を詰めて無償提供するプロジェクト

safehandfish-1

「新型コロナウイルス感染症の影響で、世界中で除菌抗菌液が不足し、必要な生活者に流通していない」という現状から誕生したという、「#SafeHandFish」プロジェクトに賛否の声があがっています。

同プロジェクトはこの問題を受けて、お弁当などでお馴染みの「魚型の醤油さし」に除菌液を充填し、飲食店で無償で提供。食の場面を通して除菌の意識と習慣を啓発し、「個人の衛生管理」の訴求を目的としています。

safehandfish-2

充填される除菌液はクリア電子株式会社、容器の製造・充填は株式会社大石屋、企画とクリエイティブは株式会社エードットが担当。

イベントの中止・自粛により、大量に余っていた調味料容器に除菌抗菌液を充填し、必要な人に届けるというプロジェクト。容器メーカーの救済と、需要と供給のミスマッチが起こっていた除菌液の課題を解決することができるアイデアとして、ネット上では称賛する声が多数あがっています。

safehandfish-3

食用の容器に除菌液は「誤食の原因になる」と指摘も

一方で「本来は醤油が入っている容器に除菌液が入っている」という点で、誤食の可能性があるのでは?という指摘もあります。日本人にとってお馴染みと言えるほどの形だからこそ、間違えられるというリスクはありそう。(特に視力に障がいのある人など)

3歳の娘を持つ親目線では、「子どもだけで醤油さしを触らせることがまずない」と思いましたが、実際に届く除菌液は以下のような包装になっているそうなので大丈夫そうですね。

(追記)4月24日、クリアンスEXより声明文が発表されています。

除菌液はグレープフルーツの種子のみから抽出されたエキスに精製水を混ぜた完全な天然成分のため、吸入・引用による影響はないとのことです。