「iOS 14」Safariに翻訳機能を追加へ、ネット不要でローカルで処理できるらしい

「iOS 14」Safariに翻訳機能を追加へ、ネット不要でローカルで処理できるらしい

Appleが今秋リリース予定の次期iOS(iOS 14)では、Safariに翻訳機能が追加されているようです。9to5Macが伝えています。iPadOS 14はウェブサイト上で「Apple Pencil」を完全にサポートする可能性もあるとのこと。

「iOS 14」Safariに翻訳機能、しかもネット接続不要

safari-ios14

「iOS 14」では、Safariに翻訳機能が搭載される可能性があります。9to5Macが入手したiOS 14の初期ビルドから判明したということです。

翻訳機能はウェブサイトごとに個別のオプションとして設定できる可能性が高いですが、自動翻訳の設定も可能になるとのこと。またSafari以外のシステム全体にも翻訳が組み込まれる可能性があるといい、アプリの説明やレビューなども、iOSが自動的に翻訳するようになるようです。

この翻訳は、すべてiPhone内部の「Neural Engine」によってローカルで処理されるため、インターネットに接続する必要なく動作することができ、Appleにデータ送信もされないとのこと。

「iPadOS 14」はウェブサイト上での「Apple Pencil」をサポート

またiPadOS 14では、ウェブサイト上のApple Pencilを完全にサポートする可能性があります。スクロールやタッチだけでなく、Safariや他のブラウザのすべての機能を使うことができるかもしれないとしています。

iOS 14は6月22日より開催される「WWDC 2020」で正式に発表され、今秋にも一般に正式リリースされる見通しです。