接触確認アプリ「COCOA」不具合修正、接触の検出精度の適正化

接触確認アプリ「COCOA」不具合修正、接触の検出精度の適正化

厚生労働省は9月8日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の修正版の配布を開始しました。まずはiOS版のみで配布、Android版は近日中に配布予定。今回の修正では、接触の検出精度の適正化を図るため、内部処理の改良が行われています。

接触確認アプリ「COCOA」バージョン1.1.3の配布開始

cocoa-1

厚生労働省が提供する、新型コロナウイルス感染症の陽性者との接触を通知する接触確認アプリ「COCOA」のバージョン1.1.3が配布開始されています。

バージョン1.1.3では、接触の検出精度の適正化を図るため、内部処理の改良が行われています。想定しているよりも広範な接触が検知されている可能性や、本来検知すべき接触が検知されていない可能性があったといい、改めて接触検知の仕組みの見直しを行ったとしています。

接触確認アプリは、Bluetooth機能を使い、概ね1メートル以内で15分以上の近接した状態があった場合に、接触として検知する仕組み。しかし、Bluetoothの性質上、スマートフォンの性能や周辺環境により、計測距離や時間に差が生じるため、検出精度の向上には、継続的な設定の見直しが必要だと説明しています。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ
COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ
カテゴリ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス
販売元
Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan