Android版「COCOA」昨年9月から障害、濃厚接触の通知が届かず

Android版「COCOA」昨年9月から障害、濃厚接触の通知が届かず

厚生労働省は2月3日、Android版「COCOA」が、新型コロナウイルス陽性登録者との濃厚接触があっても、検知・通知を行っていなかったと発表しました。昨年9月28日のアップデートによる障害で、陽性者としているはずなのに通知がなかったという報道を受け検証したところ判明したということです。

Android版「COCOA」陽性者と濃厚接触が通知されず

cocoa-1

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のAndroid版で、陽性登録をしたユーザーと濃厚接触(1メートル以内15分以上)があっても検知・通知が行われていなかったことが明らかになりました。

厚生労働省によると、昨年9月28日に実施したアップデートによる影響で、陽性者と接触しているはずなのにアプリに通知がこなかったという報道を受け、従来の模擬的な検証、実機を用いた動作検証を行ったところ、接触リスクに関する値がAndroid端末については想定と異なる形で接触確認APIから出力され、結果として濃厚接触が正しく通知されない状態だったと説明しています。

この不具合はAndroid版のみで、iOS版については影響はありません。

2月中旬に解消予定、接触記録はCOCOAは取り続けるのでアンインストールしないで

Android版COCOAのす油性は2月中旬になる見通し。この不具合が解消されるまでは、陽性者と濃厚接触があったとしても通知を受け取ることができません。

通知を受けとることはできませんが、COCOAを引き続きインストールしておくことで、ほかユーザーとの接触に関する情報は記録されます。引き続きインストールしておくことで、不具合解消後、接触記録に基づいて14日前までに濃厚接触があった場合の通知を受け取ることが可能だとしています。

COCOAは昨年9月頃、iOS版でも不具合が確認されていて、陽性者との濃厚接触がないユーザーに「COVID-19にさらされた可能性があります」と通知が送られる不具合が発生。

想定しているよりも広範な接触が検知されている可能性や、本来検知すべき接触が検知されていない可能性があったといい、改めて接触検知の仕組みの見直しを行っていました。