iPhoneの機種変更時は要注意、復元でデータ移行すると接触確認アプリ「COCOA」が無効に

iPhoneの機種変更時は要注意、復元でデータ移行すると接触確認アプリ「COCOA」が無効に

厚生労働省は10月29日、iPhoneで新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」利用している場合、機種変更などでバックアップしたデータをiOS 14.0/iOS 14.1搭載の端末に復元すると、接触確認アプリの機能が無効になるとの報告が、Appleからあったと案内しています。

バックアップから復元で接触確認アプリが無効になる場合があります

Cocoa

新型コロナウイルス接触確認アプリが、iPhoneの機種変更後などに動作しなくなる不具合が報告されています。

厚生労働省によると、バックアップしたデータをiOS 14.0/iOS 14.1を搭載した端末に復元した場合、復元した端末では接触確認アプリの機能が無効担ってしまうという報告が、Appleからあったとのこと。

厚生労働省のサイトやTwiterでは、接触確認アプリを再び有効にする方法が案内されています。

接触確認アプリが無効になっている場合の対応方法

方法1

iPhone端末の[設定]→[接触通知]→[接触通知をオフにする]→接触確認アプリを立ち上げると、[COVID-19接触のログ記録と通知を有効にする]というダイアログが表示されますので[有効にする]を選択してください。

方法2

接触確認アプリを端末から削除(接触確認アプリのアイコンを長押し→[Appを削除])する→再度App Storeから接触確認アプリをインストールし、接触確認アプリを立ち上げて [COVID-19接触のログ記録と通知を有効にする]というダイアログが表示されますので[有効にする]を選択してください。

方法3

iPhone端末の[設定]→[接触通知]→[使用する国/地域が設定されていません]→[使用可能な国/地域]→[厚生労働省 日本]を選択→[使用する国/地域として設定]をタップしてください。 ※iPhone端末の[設定]→[接触通知]で[接触のログ記録の状況]が[使用中]となっていれば、接触確認アプリが正しく機能しています。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ
COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ
カテゴリ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス
販売元
Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan