「iOS 14」「iPadOS 14」正式リリース、ウィジェット機能など追加

「iOS 14」「iPadOS 14」正式リリース、ウィジェット機能など追加

Appleは9月16日、「iOS 14」「iPadOS 14」を正式リリースしました。新たに「ウィジェット」機能や、ホーム画面を1ページ毎に非表示にする機能、「Appライブラリ」などを追加しています。

「iOS 14」「iPadOS 14」配信開始、新機能が盛りだくさん

ios-14.jpg
iOS 14

Appleから「iOS 14」「iPadOS 14」が配信開始されました。Androidではお馴染みの「ウィジェット」機能が新たに追加されたほか、ホーム画面の整理が捗る「ホーム画面非表示」「Appライブラリ」などが追加。

ピクチャ・イン・ピクチャに対応し、翻訳機能をOSレベルで導入。デフォルトのメールアプリやブラウザを変更できる設定も追加されています。

AirPodsシリーズでは、デバイス間の自動切り替え機能を追加。AirPods Proでは、映画館のように全方向から音が聞こえる「空間オーディオ」機能が導入されています。

「iPadOS 14」では、「iOS 14」で追加された機能に加え、検索の強化やApple Pencilでの手書き文字を自動整形する「Scribble」などが追加されています。

「iOS 14」の主な新機能

  • ホーム画面を1ページごとに非表示にできる(アプリは削除されない)
  • ホーム画面のアプリを自動で整理してくれる「Appライブラリ」を追加
  • ホーム画面にウィジェットなどを配置可能
  • 必要な情報を自動で表示してくれる新ウィジェット「Smart Stack」
  • 「ピクチャ・イン・ピクチャ」を追加
  • 「翻訳」機能を追加、11言語のテキスト・音声に対応、オフラインでも使用可
  • ミー文字に20種類以上の髪型、マスク、ステッカーも追加
  • メッセージのピン留め、スレッド化に対応
  • iPhoneが車のキーとして使用化(2021年製BMW5シリーズから)
  • 車のキーはiMessageで共有可能、紛失してもiCloud経由で無効化
  • 共有時に制限が付与できる
  • 必要な時に、アプリの一部分だけを利用できる「App Clip」を追加
  • マップの経路案内が自転車に対応
  • 「Find My」で、サードパーティ製品やアクセサリを検索するためのサポートを追加
  • デフォルトのメール、ブラウザをサードパーティ製に置き換え可能
  • AirPods Proで「空間オーディオ」機能を追加
  • AirPodsとAirPods Proのデバイス間自動切り替え機能
  • 「ホーム」で新しいオートメーションの提案
  • 「Safari」にプライバシーレポート機能

「iPadOS 14」の主な新機能

  • iOS 14と同じウィジェットをホーム画面に追加できる機能
  • 写真、メモ、ファイル、ミュージックにサイドバー&ツールバーを追加
  • 作業中の画面を隠さずに、Siriや通話が可能(iOS 14でも同様)
  • 検索を強化し、デバイス内のすべてを検索可能
  • Apple Pencilで手書きした文字や図を自動整形する「Scribble」を追加
  • 「Scribble」リリース初期は日本語には未対応
  • Safariなどさまざまなアプリのテキストフィールドで動作
  • iOS 14に追加された新機能はすべて利用可能
  • ARKit 4で、LiDARスキャナがキャプチャした情報にアクセス可能
  • ロケーションアンカーを導入し、AR体験を世界の特定ポイントに固定

「iOS 14」配信直後のアップデートは要注意

新しいOSが配信された直後は、不具合などが確認されることも多くあります。新機能はとても魅力的ですが、心配な人は少し様子を見るという判断を。

また「PUBG MOBILE」や「バズル&ドラゴンズ」など、一部のアプリでは「iOS 14では、正常に動作しない可能性がある」とも案内しています。自分が使っているアプリがiOS 14に対応するのを待ってからアップデートをおすすめします。