「iPhone 13」発売日、価格、スペックなど最新情報まとめ

「iPhone 13」発売日、価格、スペックなど最新情報まとめ

2021年7月12日

Appleが2021年9月に発表すると予測されている「iPhone 13」シリーズについて、発売日や価格、スペックなどの最新情報についてまとめていきます。

目次

  1. 22021年に発売予定の新型「iPhone」の概要
  2. 2021年のiPhoneの名称は「iPhone 13」になる可能性が高い
  3. 「iPhone 13」のディスプレイは「常時120Hz」か
  4. 「iPhone 13」はカメラユニットが大型化
  5. プロセッサ、バッテリー、ストレージ容量は?
  6. カラーバリエーションは「ブラック」が追加?
  7. 「iPhone 13」はいつ発表?価格と発売日は?

2021年に発売予定の新型「iPhone」の概要

iPhone 12 Pro
画像はiPhone 12 Pro
Photo by Agil Hummatli on Unsplash

2021年に発売されるiPhoneは「iPhone 13」になると予測されています。一部では「13」という数が忌み数であることや、大きなアップデートが行われないマイナーアップデートになるという予測から「iPhone 12s」になるという可能性も示唆されています。

主要なアップデートは、プロセッサ、カメラ、ディスプレイの3点になる可能性が高いです。

「iPhone 13」は2020年に発売された「iPhone 12」シリーズと同様のラインナップになる可能性が高く、全部で4モデル発売される見込みです。

  • iPhone 13(5.4インチ)
  • iPhone 13(6.1インチ)
  • iPhone 13 Pro(6.1インチ)
  • iPhone 13 Pro Max(6.7インチ)

最も小さい「iPhone 12 mini」に相当するモデルは、名称から「mini」が外れる可能性があるそうです。

ディスプレイ上部のノッチ部分は小さくなるという情報ですが、デザインに大きな変更はなく、カメラ性能の向上、よりパフォーマンスの高いAシリーズのチップセット、新しい5Gチップ、バッテリー持続時間の延長などが予測されています。

引き続きLightningポートが採用される見込みで、USB-Cへの以降やポートレスになるのはまだ先になるとされています。

また、Appleは「iPhone 13」用にディスプレイ内蔵のTouch IDを搭載するという計画だったそうですが、2021年モデルでは間に合わず、2022年以降のiPhoneに持ち越されたと言われています。

目次に戻る

2021年のiPhoneの名称は「iPhone 13」になる可能性が高い

AppleはiPhoneを発売以降、一貫した命名規則を持っていると考えられていましたが、iPhone 9というモデルは登場せず「iPhone X」を発表。以降は、「iPhone 11」「iPhone 12」とナンバリングしているため、2021年のモデルは「iPhone 13」となる可能性が高いです。

  • 2007年 iPhone
  • 2008年 iPhone 3G
  • 2009年 iPhone 3GS
  • 2010年 iPhone 4
  • 2011年 iPhone 4s
  • 2012年 iPhone 5
  • 2013年 iPhone5s、iPhone5c
  • 2014年 iPhone6、iPhone6 Plus
  • 2015年 iPhone6s、iPhone6s Plus
  • 2016年 iPhone7、iPhone7 Plus
  • 2017年 iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X
  • 2018年 iPhone XR、iPhone XS、、iPhone XS Max
  • 2019年 iPhone 11、iPhone 11 Pro、、iPhone 11 Pro Max
  • 2020年 iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、、iPhone 12 Pro Max

米SellCellの調査によると、「iPhone 13」という名称は5人に1人が購入をためらう可能性があるといい、「13恐怖症(トリスカイデカフォビア)」から「13」を避けたい心情が指摘されていました。

またBloombergも、2021年のiPhoneは大きなアップデートが行われないため「S」バージョhンのマイナーアップデートになる可能性があると伝え、Appleのリーク情報に定評のあるJon Prosser氏も「iPhone 12s」になる可能性は85%程度あるだろうとしていました。

これまでAppleが「13」という数字を避けてきたということはなく、「A13 Bionic」チップや「iOS 13」もリリースされていますし、経済日報はサプライチェーンからの情報として、2021年モデルは「iPhone 13」になるようだと伝えています。

目次に戻る

「iPhone 13」のディスプレイは「常時120Hz」か

「iPhone 13」では大きなデザイン変更は行われない見込みです。Appleの情報に国内で最も詳しいMacお宝鑑定団Blogによると、iPhone 13シリーズのスピーカーとマイクの位置は、エッジ部分に寄せられたことにより、ノッチ内のカメラ類の配置が変更。一番左にフロントカメラが配置され、これまでスピーカーが配置されていた場所に、赤外線カメラや投稿イルミネーターが移動するとしています。

Alibaba:3D mock-up iPhone Pro 2021

ノッチ幅は34.83mmから26.80mmで、約8mm小さくなるそう。しかし高さは5.3mmから5.35mmとなり約0.05mm高くなるとのこと。

そのため「iPhone 12」シリーズで利用している画面保護フィルムは、「iPhone 13」シリーズでは利用できなくなります。

YouTubeチャンネル「UnboxTherapy」が入手したという、「iPhone 13 Pro Max」のダミーユニットでもノッチ部分が小型化されることが確認されています。

iphone-13-rumour.jpg
iPhone 13 Pro Max Early Look より
iphone-rumour.jpg
DuanRui氏のTwitterより

また「iPhone 13」ではリユレッシュレート120Hzの常時表示に対応すると予測されています。LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)を採用した有機EL(OLED)に変更されると見られています

LPTOはすでにApple Watchでも採用されている技術で、Apple Watchの常時表示を可能にしたもの。iPad Proでは最大120Hzで表示可能になるProMotionテクノロジーが搭載されていますが、現行モデルのiPhoneは60Hzなので、比較すると大きな違いがあることがわかります。

LPTOを搭載したモデルは、「iPhone 13」シリーズのうち、少なくとも1モデルに搭載されると伝えられています

iPad Proのリフレッシュレート比較動画
リフレッシュレートの比較動画

リフレッシュレートとは、ディスプレイの更新回数を示したもの。60Hzであれば1秒間に60回更新されますが、120Hzでは2倍になります。リフレッシュレートが高くなることで、動画やゲームなどのコンテンツはより滑らかに表示されます。

Appleは最大240Hzのリフレッシュレートに可変する特許を取得していますが、バッテリーやシステムに与える影響が懸念されています。

目次に戻る

「iPhone 13」はカメラユニットが大型化

2021年の最も大きなアップデートになると考えられるのがカメラ性能。iPhone 12 Pro Maxが採用したセンサーシフト式の手ブレ補正が、すべてのiPhoneに採用され、広角レンズおよび超広角レンズに対応するとのこと。

iphone-13-rumour.jpg
iPhone 12 Pro Maxで採用されたセンサーシフト式光学手ブレ補正

超広角レンズは低照度性能が大幅に改善されると予測されています。iPhoneはカメラ撮影時、すべてのレンズからの情報を取得し「コンピュテーショナルフォトグラフィ」を実現しています。そのため超広角レンズの低照度性能が向上することで、カメラ機能全体のクオリティが向上すると予測できます。

さらに動画撮影でもポートレートモードが利用可能になり、天体撮影モードなども搭載される可能性もあるといい、iPhone 13 Proでは超広角レンズがオートフォーカスに対応する可能性も伝えられています。

iPhone 13(5.4インチ)、iPhone 13(6.1インチ)、iPhone 13 Pro(6.1インチ)では、iPhone 12シリーズと同じF1.6(6枚構成)ですが、iPhone 13 Pro Max(6.7インチ)では、F1.5のレンズが搭載される見込み。

「iPhone 12」のでは縦に2つのレンズが並んでいましたが、「iPhone 13」では対角に並ぶようです。

iphone-13-cad.jpg
「iPhone 13」のCADデータ

カメラユニットも大型になることが伝えられています。しかし「iPhone 12」シリーズのカメラユニットと違い、レンズ部分は出っ張らず、フラットな形状になると予測されています。

iphone-13-rumour-1.jpg
iPhone 12 Pro Maxと比較してカメラが大きい
iPhone 13 Pro Max Early Look より
Hands on with iPhone 13 Dummies -- BIG Changes for Pro Max?!

LiDARスキャナーがすべてのモデルに搭載されるという情報もありましたが、引き続きProモデルのみになると予測されています。

目次に戻る

プロセッサ、バッテリー、ストレージ容量は?

a14 bionic
iPhone 12シリーズが搭載するA14 Bionic

iPhone 12シリーズでは「A14 Bionic」プロセッサを搭載していますが、iPhone 13では「A15 Bionic」プロセッサという名称でアップグレードされることが予想されます。具体的な情報はありませんが、例年通りパフォーマンスの向上が行われる見込み。

また5G通信ではミリ波に対応するモデルが増えるとみられ、日本モデルもミリ波対応になると予測されています。

ミリ波は障害物などに弱いが、高速のデータ通信が可能で、サブ6は電波は届きやすい反面、通信速度はミリ派ほどでません。現在日本で販売されているiPhoneではサブ6にしか対応していないため、ほんとうの意味で5G対応となるのは「iPhone 13」からになります。

ストレージ容量は1TBを選択できるようになるという情報があります。iPadでは1TBモデルが販売されていますが、iPhoneでも4K動画の撮影などファイルサイズが大きくなっているので、1TBモデルが登場することは自然な流れでしょう。

バッテリー容量もiPhone 12より少しだけ大きくなることが予測されています。そのため、本体の重量は増加するものの、バッテリー駆動時間は長くなると考えられます。

そして「iPhone 13」ではMagSafeが強力になることで、「ワイヤレスリバースチャージ」(逆充電/双方向充電)に対応するという情報もあります。充電コイルが大きくなることで、充電速度や熱効率が向上する可能性があるようです。

目次に戻る

カラーバリエーションは「ブラック」が追加?

iPhone 13では「マットブラック」のカラーオプションが追加されるという情報があります

iPhone 12シリーズと同じカラーバリエーションであれば、「iPhone 13」はブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED 、グリーン、ブルー、パープル。「iPhone 13 Pro」はシルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルーになります。

iPhone 12 Pro
写真はiPhone 12 Proの「グラファイト」
Photo by Daniel Romero on Unsplash

追加されるというマットブラックは、グラファイトに代わるカラーとされているので、変更されるとしても「Pro」シリーズのみになるようです。

目次に戻る

「iPhone 13」はいつ発表?価格と発売日は?

「iPhone 12」の発表/発売は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、例年よりも遅れが発生しました。

2021年のiPhoneは、例年通りのスケジュールで発表されると予測されているので、9月にiPhone 13の発表イベントが開催され、同月中に発売される見込み。

例年は9月の2週目or3週目にスペシャルイベントを開催し、同週の金曜日から予約開始。発売日はスペシャルイベントから2週後の金曜日に設定されることが通例。

「iPhone 13」発表イベントの開催予想日時

  • 日本時間 9月8日2:00 もしくは 9月15日2:00

「iPhone 13」の予約開始日予想

  • 日本時間 9月10日16:00 もしくは 9月17日16:00

「iPhone 13」の発売日予想

  • 日本時間 9月18日 もしくは 9月24日

「iPhone 13」シリーズの価格について、まだ信憑性の高い情報はあがっていません。中国のmydriversは、「iPhone 12」シリーズと変更されないという情報を伝えています。「iPhone 12」シリーズは以下の価格で販売されています。

  • iPhone 12 mini
    • 64GB:74,800円
    • 128GB:79,800円
    • 256GB:90,800円
  • iPhone 12
    • 64GB:85,800円
    • 128GB:90,800円
    • 256GB:101,800円
  • iPhone 12 Pro
    • 128GB:106,800円
    • 256GB:117,800円
    • 512GB:139,800円
  • iPhone 12 Pro Max
    • 128GB:117,800円
    • 256GB:128,800円
    • 512GB:150,800円

目次に戻る

drip公認バリスタ