iPhone 15はUSB-Cを搭載、Proモデルは8GBのRAMを搭載との予測

iPhone 15はUSB-Cを搭載、Proモデルは8GBのRAMを搭載との予測

2022年10月26日

Appleが2023年に発表すると予測されるiPhone 15シリーズでは、USB-Cポートを搭載し、Proモデルでは8GBのRAM、複数のカメラの改善が行われる可能性があります。

iPhone 15はUSB-Cに、ProはRAMが8GBに?

iPhone 14 Pro

台湾の調査会社TrendForceによると、Appleが2023年に発売するiPhone 15 Proでは、Lightningポートが廃止されUSB-Cに切り替えられ、8GBのRAMを搭載する可能性があります。

レポートによると、AppleはiPhone 15シリーズを4モデルリリースされ、搭載されるプロセッサは2種類。iPhone 14シリーズと同様のラインナップであれば、標準モデルはA16 Bionicを搭載し、ProモデルがA17 Bionicを搭載するということになります。

EUによる小型電子機器の充電端子を「USB-C」に統一することを義務付ける改定案が可決されたことを受け、Appleをはじめ各メーカーは2024年末までに、充電端子をUSB-Cに変更する必要があります。

2023年のiPhoneからUSB-Cに変更されるという予測はありますが、TrendForceもiPhnoe 15はUSB-Cを搭載すると伝えています。

またiPhone 15 ProのRAMは、iPhone 14 Proより2GB増加した8GBにアップグレードされ、カメラは8P仕様にアップグレード。ペリスコープレンズを搭載する可能性があります。

Appleの情報に定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏は今年7月、2023年のiPhone 15 Pro Maxがペリスコープレンズを搭載する可能性があると伝えています。

drip公認バリスタ