僕がMacのDockは左側に配置している理由

@JUNP_Nです。@isloop さんと@kogureさんのプロブロガーお2人がブログで書き合っていたので、僕もDocokを左側に配置している理由を考えてみました。

Dockはどうしても右側じゃなければダメなのか考えた

Mac dock left

実は最近になってDockの配置を左側にしました。その前は右側に配置。その前は下に配置していました。

位置を変更する時に何を考えていたか思い出しながら少しまとめてみたいと思います。

Dockを下配置ではダメだった理由

Dockの下配置での大きな難点は「画面の上下を狭く利用しなくてはならなくなる」ということ。

これはMacBook Air 11インチをメインマシンとしている僕にはとても大きなことでした。そこで次にDockを右側に配置してみることにしました。

Dockを右配置ではダメだった理由

Dockを右配置にして気が付きました。「僕はDockからアプリを起動していない」ということに。

全てのアプリケーションの起動にはAlfredというランチャーアプリを使っています。

Alfred 1.2(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Running with Crayons Ltd – Running with Crayons Ltd(サイズ: 1.9 MB)
全てのバージョンの評価: (121件の評価)

またアプリケーションの切替も全てキーボードショートカットを利用しているのでDockはアプリケーションの起動確認くらいにしか使っていませんでした。

デスクトップ上でフォルダやファイルは右側から並んでいくので右側にあるとDockが邪魔です。便利なこともありますが、見た目がうるさいので邪魔。

最終的にDockを左側に配置した理由

邪魔ならDockを非表示にしたらいいじゃないって思いますよね?僕もそう思いDockを非表示にしてみたのですが、Dockが見えていないことが不安でDockをついつい表示させて確認している自分に気が付きました。

じゃあ左側で!ということで現在は左側に配置してあります。

まとめ

色々と考えてみましたが、特にDockの配置についてしっかりと考えてはいない自分に気が付きました。

要は自分に慣れたスタイルでMacと付き合って行きましょうよということですね。

プロブロガーお2人のエントリーはこちら↓

おいらがMacのDockを右側に配置している理由。 | 和洋風KAI

おいらがMacのDockを左じゃなく右に置く理由。 | 和洋風KAI

[N] おいらがMacのDockを右側に配置している理由(ネタフル編)

プロブロガーさんはやっぱり考えながら環境を作っているんですね。感服いたします。

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング