特別なアプリは必要なし!MacでiPhoneのキャプチャ動画を撮影する方法

QuickTimePlayerX

@JUNP_Nです。これを待ち望んでいた人は多いはず!OS X YosemiteからMacさえあればiPhoneやiPadのキャプチャ動画を簡単に撮影することができるようになりました!これは嬉しい機能ですね!


Mac(Yosemite)とQuickTime Playerさえあれば、iPhone/iPadのキャプチャ動画が撮れる!

OS X YosemiteからiPhoneやiPadなどのキャプチャ動画を簡単に撮影することができるようになりました!アプリ開発者の人や、アプリレビューをするブロガーさんには嬉しい機能ですね!

Os x yosemite iphone captcha movie 5

必要なものは「OS X YosemiteがインストールされたMac」「iPhoneなどiOSデバイス」「Lightningケーブル」の3つです。Lightningケーブルで接続したiOSデバイスのキャプチャ動画を撮影することができます。

今回はiPhone 6 Plusを接続して試してみました。Lightningケーブルで接続されていることを確認して「QuickTime Player」を起動。メニューより「新規ムービー収録」を選択します。

Os x yosemite iphone captcha movie 4

するとMacのFaceTimeカメラが起動すると思うので、録画ボタン横の「∨」をクリックして、iPhone 6 Plusを選択。するとQuickTime Playerで撮影する画面がiPhoneに!

Os x yosemite iphone captcha movie 1

あとは普通に録画ボタンを押してiPhoneの操作を撮影するだけ。撮影された動画はローカルに保存することもできますし、YouTubeなどに直接アップロードすることも可能です。

Os x yosemite iphone captcha movie 2 Os x yosemite iphone captcha movie 3

アプリ開発者の方は紹介動画を作る時に捗りそうですし、アプリを紹介する動画を作成している人も捗りそう。

特別なアプリは必要なく、もとからインストールされている「QuickTime Player」だけしか使わないので是非お試しください!

OS X Yosemiteの使い方・小技・裏技

もっと探してる人はこちら ▶ 「OS X Yosemiteの使い方

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング