Facebook 死後にアカウント管理、遺言を残せる機能を追加

Legacy-Contact-1.jpg

@JUNP_Nです。Facebookがユーザーの死後にアカウント管理を任せることができる新機能「Legacy Contact(レガシーコンタクト)」を発表しています。また、死後に自分のアカウントを完全に削除する「遺言」を残すことができる機能も追加されています。


死後のアカウント管理を依頼する「レガシーコンタクト」まずは米国から導入開始

Facebookがユーザーの死後、本人に代わってアカウントの管理をする人を指名することができる新機能「Legacy Contact(レガシーコンタクト)」を発表。まずはアメリカから提供を開始し、順次拡大予定と発表しています。

Legacy Contact 1

Facebookでは今までも亡くなったユーザーを報告することでメモリアルページを作成するサービスを提供していますが、Legacy Contactの提供で今後はアカウント管理を人に頼み、運営を依頼することができるようになります。

Legacy Contactを利用することで、管理を指名されたユーザーは故人のアカウントページに葬儀の案内などを投稿することができたり、新たな友達申請やプロフィール写真、カバー写真の変更をすることができます。

アメリカで導入が開始された同サービスで故人のユーザーにはユーザー名の上に「Remembering」という記載が追加されます。日本への導入時にも同様の表示になるのかは不明です。

Legacy Contact 2

他にも故人アカウントに残っている公開設定の写真や投稿をダウンロードすることができる機能も含まれているそうですが、プライベート設定になっているメッセージなどはLegacy Contactで管理を指名されたユーザーであっても見ることはできないそうです。

「遺言」を残す機能、アカウントを完全に削除する機能も追加

他にもFacebookはユーザーの死後、アカウントを完全に削除するように設定することが可能になっている他、遺言を残すこともできるようになっています。

「遺言」については、Legacy Contactでアカウント管理を指名したユーザーであっても存命中に見ることはできないようになっているそうです。

source: Facebook Newsroom

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング