Apple、「iOS 10」「macOS Sierra」のパブリックベータ版を公開!(ちょっと使ってみた)

@JUNP_Nです。Appleが今秋リリースすると発表している「iOS 10」「macOS Sierra」のパブリックベータ版を公開しました。「Apple Beta Software Program」に登録すれば誰でも利用することが可能です。

Appleが今秋リリース予定の最新OS「iOS 10」「macOS Sierra」を一足先に使いたい人は使えます

Apple Beta Software Program

IMAGE:Apple Beta Software Program

先日行われたAppleのカンファレンス「WWDC 2016」で発表され、今秋リリースと伝えられている「iOS 10」「macOS Sierra」のパブリックベータ版が公開されました。既にダウンロードも可能です。

利用するためには「Apple Beta Software Program」に登録する必要がありますが、登録以外の条件は特にないので、誰でも利用することが可能です。

ただし、パブリックベータ版は正式版と違い不安定であることがあります。利用しているアプリによっては正常に動作しないこともあるので、利用は自己責任です。

実際に「iOS 10」のパブリックベータ版を利用してみた

人柱ではないですが、常にパブリックベータ版をインストールして使っているので、実際にiPhone 6sに「iOS 10 Public Beta 1」をインストールしてみました。

Apple Beta Software Program 1

既報のとおり、今まで消すことができなかった標準アプリを消す(非表示)にすることが可能になっています。

Apple Beta Software Program 2

他にも日本では始まっていないはずの「News」アプリがなぜかウィジェットにだけ存在するなど、いくつかの新しい発見も。ただ、パブリックベータ版というだけあって動作はもっさりしています。僕の環境では使えないアプリはほとんどなさそうです。

パブリックベータ版をどうしても利用してみたいという人は、最悪の場合、動作しなくなるということも考えられるので、バックアップをしっかりとってから利用しましょう。

SOURCE:Apple Beta Software Program

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング