日本の「iPhone 7」はアタリ!採用されているモデム違いで、処理速度に30%の差

@JUNP_Nです。CNNによると、iPhoneに採用されているモデムには2種類存在し、日本で発売されいている「iPhone 7」は処理速度が高いモデルになっているそうです。

「iPhone 7」は処理速度に差がある、2つのモデルが用意されている?

IPhone 7 1

CNNによると「iPhone 7」に搭載されているモデムには「Intel(インテル)」、もしくは「Qualcomm(クアルコム)」のどちらかであり、クアルコムの方が約30%パフォーマンスが良いという調査結果が出たそう。

同調査では「iPhone 7 Plus」だけを対象に行なったそうですが、このモデムは「iPhone 7」にも採用されているとのこと。

インテルのモデルを搭載している「iPhone 7 Plus」の型番は「A1778」「A1784」。日本で購入できるのはクアルコムのモデルで型番は「A1779」「A1785」です。

iPhoneの型番は本体背面に小さく表記されています。もしくは設定アプリから「一般 > 情報 > 法律に基づく情報 > 認証」と進むと画面最上部に表示されます。

処理の違いは体感できるほどの差はない?

「処理速度に30%のパフォーマンス差がある」とされていますが、記事では「受信状況の良くない『6s』の速度と同程度」だとされているので、体感できるほどの大きな差は出ていないようです。

ちなみに、日本モデルのiPhoneが登場したことによって、海外モデルから「技適マーク」が表示されなくなり、日本国内での利用について制限が必要になっているようです。

SOURCE:CNN
関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング