次期「iPhone」は防水・防塵性能がさらに向上し、最上位の等級に!?

2017年1月14日 シェア数 アイコン 41

次期「iPhone」は防水・防塵性能がさらに向上し、最上位の等級に!?

@JUNP_Nです。iPhone 7では待望の防水・防塵になりましたが、2017年に発売される次期「iPhone」ではさらに性能が強化され「IP68」等級の防水・防塵になるとThe Korea Heraldが報じています。

次期「iPhone」は「IP68」等級の防水・防塵性能?水中で利用可能になる日も!?

Iphone

2017年に発売される次期「iPhone」では防水・防塵性能が向上し、「IP68」等級になると報じられています。

iPhone 7の防水・防塵性能は「IP67」等級とされており、「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない」というもの。

「IP68等級」になると、「継続的に水没しても内部に浸水することがない」という等級に向上されるといいます。

「IP68」は、保護等級として最上位。ですが、iPhone 7は防水仕様でありながらも「液体による損傷は保証の対象外」となっているため、次期iPhoneも同様になる可能性が高そう。

最上位の等級になったら安心はましますが、水没の心配は変わらずに続けなくてはいけないのかも……。

防水・防塵の性能を示す「IPコード」の読み方

防水・防塵性能を示している「IP67」「IP68」のような表示を、IPコードと呼び、「IP = International Protection」を意味します。

続けて記載されている数字は、1文字目が「防塵性能」、2文字目が「防水性能」を示しています。「IP68」と表示されていた場合は、防塵性能が「6」、防水性能が「8」となります。

防塵等級

 保護等級 内容
0 特に保護がされていない
1 直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)
2 直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)
3 直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
4 直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
5 有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
6 粉塵が中に入らない(耐塵形)

防水等級

 保護等級 内容
0 特に保護されていない 
1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8 継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

SOURCE:The Korea Herald