実現に期待!iPhone 8の「ファンクションエリア」を実現したイメージ画像

シェア数 アイコン 57

実現に期待!iPhone 8の「ファンクションエリア」を実現したイメージ画像

@JUNP_Nです。KGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が伝えている「iPhone 8に新たに搭載される”ファンクションエリア”」のコンセプトイメージをiDROP NEWSが公開しています。しばらく目新しい進化がなかったiPhoneですが、これが実現したら大きく変わりそう。

「ファンクションエリア」が実現されたらこうなる?かなり未来的な印象に

IPhone 8 Function Area iDrop News Exclusive

IMAGE:iDROP NEWS

KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏によると、次期iPhoneのハイエンドモデルとなる「iPhone 8(仮称)」には、ファンクションエリアと呼ばれる新機能が搭載されるとのこと。

iDROP NEWSがこの「ファンクションエリア」の情報から、実現した場合のコンセプトイメージを公開。ファンクションエリアは現行iPhoneのホームボタンがある周辺の部分。

IPhone 8 Function Area iDrop News Exclusive 7

IMAGE:iDROP NEWS

有機ELディスプレイ(OELD)の下部に設置され、アプリケーションや利用するシーンによって「Touch ID(指紋認証)」になったり、「音楽アアプリコントローラー」になったりするといいます。

iPhoneの前面は”ほぼ全てディスプレイ”になる

また、通常のディスプレイもフロントカメラなどがあった本体最上部まで覆われています。iPhoneの前面全てがディスプレイになるイメージ

IPhone 8 Function Area iDrop News Exclusive 2

IMAGE:iDROP NEWS

iPhone 8で実現されるとしたら、かなり大幅な変更になることは間違いなし。また、背面のカメラは横並びのレンズから縦並びに変更になると言われています。

IPhone 8 Function Area iDrop News Exclusive 5

IMAGE:iDROP NEWS

他にも「Touch ID」はディスプレイ内蔵ではなく、背面のAppleロゴの下に設置されるという情報も。本体はiPhone 4のような強化ガラスで挟んだようなデザインになると言われていましたが、初代iPhoneのようになるという情報もあります。

SOURCE:9to5Mac via iDROP NEWS