「iOS 11」で動かなくなるアプリは18万以上、使えなくなるアプリを調べる方法

シェア数 アイコン 126

「iOS 11」で動かなくなるアプリは18万以上、使えなくなるアプリを調べる方法

例年、新型「iPhone」の登場にあわせアップデートされている「iOS」ですが、「iOS 11」では32bitアプリが起動できなくなることが発表されています。このアップデートで、iOS 11で動作しなくなるアプリは18万個以上になるとBusiness Insiderが報じています。

「iOS 11」では今使っているアプリが動かなくなるかも?

ios_11_ipad_iphone
iOS 11は9月にリリースされる見込み

9月に開催される新型「iPhone」にあわせてリリースされることが予想されている「iOS 11」では、32bitアプリのサポートが終了し、32bitアプリはiPhoneで動作しなくなることが発表されています。

「iOS 10.3」以降を利用しているユーザーには「このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は、互換性向上の為にこのAppをアップデートする必要があります」といった警告が表示されていますが、この影響で実際に動かなくなるアプリは18万個以上になるとBusiness Insiderが報じています。

これはiPhoneアプリの約8%に相当するといい、大部分は「ゲーム」アプリ。次いで「教育」「エンターテインメント」「ライフスタイル」に関連するアプリが多いとのことです。

「iOS 11」で動かないアプリは「設定アプリ」から調べることが可能

現在使っているiPhoneを「iOS 11」にアップデートした場合、使えなくなるアプリが存在するかは「設定アプリ」から調べることができます。

設定アプリを開き一般情報と開きます。

ios11-2
ios11-3
設定アプリから簡単に動作しなくなるアプリを見つけられます

続いてAppを開くと「App互換性」という項目が表示されます。ここに表示されるアプリは「iOS 11」では動作しません。

ios11-4
ios11-5
動作しなくなるアプリは今のうちに代替を探していおいたほうがいいかも

アップデートがあまりされていないアプリは、iOS 11で動作しなくなる可能性が高いです。iOS 11が提供される前に調べておくことをオススメします。