大幅アップデート「iOS 11.3」は今春!バッテリー管理機能や新しいアニ文字が追加

シェア数 アイコン 45

大幅アップデート「iOS 11.3」は今春!バッテリー管理機能や新しいアニ文字が追加

Appleは24日、iPhoneなどiOSデバイスの大幅アップデートとなる「iOS 11.3」のプレビューを公開しました。今回のアップデートで注目のポイントは、電源管理機能のオフ設定や、新しいアニ文字の追加、拡張現実(AR)アプリのデベロッパーツール「ARKit 1.5」のアップデートなどになります。

iPhoneのバッテリー劣化で性能低下する機能「オフ」が選択可能に

ezgif.com-optimize
iOS 11.3で追加されるライオンのアニ文字

Appleが今春に「iOS 11.3」をリリースすると発表。Appleは、iOS 11.3は大幅なアップデートとなると予告しており、新しいアニ文字の追加など、ユーザーが「わくわくするようなアップデート」だとしています。

具体的なアップデート内容は、まずは先日より注目されている「iPhoneのバッテリーが劣化することによって、自動的に性能を低下させる機能」をオフに設定することが可能になります

アニ文字も追加され、新たに「ドラゴン」「クマ」「ドクロ」「ライオン」の4種類が加わり、全部で16種類のアニ文字が利用可能になります。

開発者向けツール「ARKit 1.5」がアップデートされ汎用性が高く

Apple AR Experience 01232018
垂直方向の面も認識可能に

一般ユーザーがすぐに恩恵をうけることは少なそうですが、開発者向けに提供されている拡張現実(AR)の開発プラットフォーム「ARKit 1.5」も大幅にアップデートされています。

従来のテーブルや地面などの水平面の認識だけでなく、壁やポスターなどの垂直方向の面も認識し、ARに仮想オブジェクトの設置ができるようになります。今後は「映画のポスターがiPhoneをかざすと動き出す」といったようなことが可能になります。

また「ヘルスケアアプリ」に「Health Records」という新機能が追加され、自分の医療データーを複数の提供元から集めて簡単に見つけられるようになるのだとか。このほか、Apple Musicでもミュージックビデオのストリーミング視聴が可能になるとのことです。