「iPhone X」は超品薄、初回出荷分は予約開始1時間で終了する可能性

シェア数 アイコン 45

「iPhone X」は超品薄、初回出荷分は予約開始1時間で終了する可能性

まもなく発表を控えている次期iPhoneのプレミアムモデル「iPhone X」は超品薄になるち、KGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が伝えています。さらに、新色の「ブラッシュゴールド」はその他のカラーよりも品薄になるとのこと。

「iPhone X」初日に予約できないと年内ゲットは難しいかも?特に新色ブラッシュゴールド

iPhone-8-rumour-1
IMAGE:Quinton Theron / iPhone 8 on Behance

Appleの情報に定評のあるKGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が、まもなく発表されるといわれている「iPhone X」に関する新たな予測をつ会えています。

同氏の予測では、iPhone10週年記念モデルとなる「iPhone X」は1日にわずか1万台しか生産できず、発売直後は「深刻な供給不足」になると伝えています。

さらに、新色として登場するといわれている「ブラッシュゴールド」も、販売数は非常にすくなくなり、シルバーやブラックの後に発売される可能性があるとしています。

これは、もしかすると初日に予約開始できないと、年内に手に入れるのは難しいかも?

iPhone 7のジェッチブラックよりも少なくなり、予約開始1時間で終了かも?

既にWSJなどは、「iPhone X」の出荷は10月以降になると伝えており、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、「iPhone Xの初回出荷は、iPhone 7/7 Plusのジェットブラックモデルよりも少ない可能性があると」いい、初回出荷分は予約開始1時間で終了する可能性があると予測しています。

現時点では、「iPhone X」の予約開始日などは明らかになっていませんが、日本時間13日午前2時から開催されるスペシャルイベントで明らかになる見通し。

予想では9月15日16時から予約開始になるとみられています。