【iOS 11】メモアプリで「書類をスキャン」の使い方、写真をPDFへ変換する方法

2017年9月22日 シェア数 アイコン 154

【iOS 11】メモアプリで「書類をスキャン」の使い方、写真をPDFへ変換する方法

iOS 11では「メモ」アプリが強化されています。メモアプリから紙の書類を撮影することで「スキャン」が可能になり、スキャンした書類はPDFに保存することも可能です。

もうスキャナアプリ不要!メモアプリから書類をスキャンしPDFに変換

ios11-scan

iOS 11は「メモ」アプリが強化されています。「ドキュメントスキャナ機能」では、書類をスキャンしてデータ化することが可能になっています。

この機能は、撮影した書類の傾きを自動補正し、イメージフィルタを使用して影を削除。PDFを作成することも可能で、スキャナで書類をデータ化するのと、ほぼ同じことがiPhoneだけで行うことができます。

「ドキュメントスキャン機能」の使い方

ドキュメントスキャン機能は、メモを開きキーボド上部に表示されるメニューの「+」から「書類をスキャン」を選択するだけ。

ios11-scan-1
ios11-scan-2
メモを開き「+」から「書類をスキャン」を選択

カメラが開くので、データ化したい書類を写すと、自動的に書類を認識。傾いていたとしても自動的に補正してくれます。撮影したら「保存」をタップ。細かい部分は手動で調整することも可能。

ios11-scan-3
ios11-scan-4
撮影するだけで種類を自動的で認識&傾き補正

保存したデータはメモに添付されます。作成された書類データを選択し、外部連携のメニューを開くことで「PDFを作成」することもできます。

ios11-scan-5
ios11-scan-6
作成されたデータから「PDFを作成」可能

これまでもスキャナアプリを利用することで、書類を撮影してPDF化はできましたが、これからはメモアプリだけでOK。iPadであれば、書類をデータ化した後に、Apple Pencilでマークアップ(メモや署名)なんて使い方も便利そうです。