第2弾!初心者向け「カメラの基礎講座」、レンズ・センサー編もわかりやすいと反響

シェア数 アイコン 153

第2弾!初心者向け「カメラの基礎講座」、レンズ・センサー編もわかりやすいと反響

先日Twitterで話題になった「初心者向けにカメラの基礎講座をシンプルにまとめた」という資料を公開していた、坪田将知さん(@spot_tsubota)が、第2弾の資料を公開していました。

第2弾は「レンズ・センサー編」公開、非常にわかりやすいと反響

camera-beginner

先日にも初心者向け「カメラの基礎講座」として、シャッタースピードやF値、ISO感度についてシンプルにわかりやすくまとめた資料を公開し話題になっていた坪田将知さん(@spot_tsubota)が第2弾の資料を公開しています。

第2弾は「レンズ・センサー編」。ズームレンズと単焦点レンズの違いや、広角と望遠の違いなどを説明した資料で、今回も非常にシンプルにまとまった内容となっています。

つぼた

@spot_tsubota

カメラの基礎「レンズ・センサー編」です。レンズには「ズーム・単焦点」と「広角・標準・望遠」がある、とザックリと覚えると楽です。省きまくったつもりですが、前回よりは難しいと思います(作るのも難航しました)。保存はご自由にどうぞ。 https://t.co/nUoOZwmM3z

坪田さん曰く、「省きまくったつもりですが、前回の資料よりも難しいと思います」とコメント。省略過ぎたということもあってか、補足資料も公開しています。

つぼた

@spot_tsubota

「4の補足がいるんじゃない?」という声があったので補足します。
4では「カメラの位置を動かさずに撮影する場合」の写り方の違いの話をしました。
この補足では「広角と望遠で被写体のサイズが変わらないように撮影する場合」の話です。背景の写り方の変化に注目してください。 https://t.co/dgYZZB5izC

つぼた

@spot_tsubota

4の補足の部分は、映画の撮影技法「めまいショット」を見るとよく分かりますよ。

今回も初心者にはとてもわかりやすいシンプルな資料でした。こうなってくると第3弾も待ち遠しい……。むしろ少しずつステップアップした資料が欲しいですね。

今回も「わかりやすい」と反響、価格については異論も

今回の資料もTwitterでは「前回に続いて」「非常にわかりやすい」といった声がよせられていますが、第1弾のときほど拡散はしていない様子。

資料の中でズームレンズのほうが価格が高く、単焦点レンズのほうが価格が安いとされていますが、これについては異論のあるユーザーもいるようです。(価格はレンズによるところが大きいので、一概には言えないということなんでしょうか)

約6.2万リツイート、20.7万いいねを超えた第1弾の「初心者向けカメラの基礎講座」は以下からどうぞ。