「ガスト」が販売した弁当にカエル混入しTwitterで話題に すかいらーくが謝罪

シェア数 アイコン 28

「ガスト」が販売した弁当にカエル混入しTwitterで話題に すかいらーくが謝罪

ガストで購入した弁当にカエルが入っていたという投稿が20日、Twitterに投稿され注目を集めていました。この問題について運営会社の株式会社すかいらーくは22日、「異物混入に関するお詫びとお知らせ」とする文書を公式サイトに公開し、「心より深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。

「ちょ、これはヤバイ」「ガスト頼んだもん?そしたらカエル入っとるけんね?」

gusto-cheese-in-hamburg
画像は「ガスト」公式サイトのキャプチャ

ガストで頼んだという弁当にカエルが混入していたとする投稿がTwitterで注目を集めていました。投稿したユーザーは「ちょ、これはヤバイ」「ガスト頼んだもん?そしたらカエル入っとるけんね?」と写真つきで投稿。

弁当は「チーズ IN ハンバーグ弁当&海老フライ」で、投稿された写真には付け合せのサラダにカエルが混入していることが映されていました。

カエルを発見した投稿者は購入した店舗に連絡。店舗には「弁当2つ料金かえして帰らした」と報告しています。投稿の翌日(21日)、「とりあえず保健所が調べにはいるだと」「今日本社が来るみたいです」と、進捗を伝えていました。

すかいらーくが謝罪「工場も含めて異物の混入原因・管理状態を調査」

カエルが混入した弁当は「ガスト南熊本店」で5月20日に販売されたものだといい、運営会社の株式会社すかいらーくは公式サイトに「異物混入に関するお詫びとお知らせ(PDF)」とする文書を公開しました。

文書ではカエルの混入を認め、「お客様にはご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪。「熊本市保健所へ報告した上で、現在、工場も含めて異物の混入原因・管理状態を調査しております」と説明しています。

なお、同様の事案は発生していないとのことです。

12