ロシアW杯決勝トーナメントをドラクエでたとえると絶望感がすごいと話題に、予選Hも強敵揃いだった

2018年7月1日 シェア数 アイコン 82

ロシアW杯決勝トーナメントをドラクエでたとえると絶望感がすごいと話題に、予選Hも強敵揃いだった

ロシアW杯決勝トーナメントへの進出を決めた日本ですが、サッカーがよくわからないという父親にドラクエのモンスターにたとえて説明してみたという各チームの評価が注目を集めていました。これは日本厳しい……!!

W杯決勝トーナメント、FIFAランキングをベースに「ドラゴンクエスト」のモンスターに当てはめて考えみた

sub12

「サッカーがよくわからない」という父親に、ロシアW杯決勝トーナメントの出場国の強さを、父親が好きな「ドラゴンクエストのモンスターに例えてみた」というリストが話題になっていました。

作成したのはぐれいしあたっくん(@glacia_471)さん。ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2を例にだし、FIFAランキング14位のウルグアイはSランク、2位のブラジルはSSランクなどランク分け。

日本は61位で残念ながらEランク。SとSSランクがひしめく決勝トーナメントにEランクというだけでも絶望感がありますが、ドラゴンクエストのモンスターに表すとさらなる絶望感が……。

ウルグアイは「シドー」、ポルトガルは「デスピサロ」、フランスは「ミルドラース」、アルゼンチンは「大魔王ゾーマ」、ブラジルは「大魔王デスタムーア」、メキシコは「バラモス」、ベルギーは「魔王オルゴデミーラ」とドラゴンクエストシリーズの強力なボスモンスター勢揃い。

その中でEランクの日本はなんと「スライムベス」という結果に……!!

スライムベスより、「ホイミスライム」や「スライムファング」「アルミラージ」のほうが日本にあっているのでは、という意見も見られますがこんなものどうやって勝てばいいんだ。

ちなみに日本と反対ブロックも、Sランクのデンマークは「ハーゴン」、SSランクのスイスは「魔王ラプソーン」、Sランクのイングランドは「りゅうおう」と強敵が多いですが、日本と同等レベルなのがFランクのロシアで「スライム」とされています。

強敵の揃いの決勝トーナメントに、ネットでは「すごくわかりやすい」と評価する声や、「パルプンテ起きないかな」「せめてキングスラムぐらいには評価できる」と日本に期待を寄せる声がみられていました。

日本が勝ち抜いたW杯予選グループHは「エスターク」「キングレオ」「ワイトキング」と強豪だらけだったが……

日本がなんとか勝ち抜いたW杯予選グループHですが、同じ基準で見ると、ポーランドはFIFAランク8位、セネガルは27位、コロンビアは16位。別のユーザーはポーランドを「エスターク」、セネガルを「キングレオ」、コロンビアを「ワイトキング」に例えています。

ですが実際に日本が倒したのはワイトキング(コロンビア)のみ。しかもワイトキングは戦闘開始直後に体が1/11欠損するというイベントが発生し、さらに会心の一撃を叩き込むというボーナス付きだったとい指摘も。

ちなみにFIFAランク1位で前回覇者のドイツは「ダークドレアム」になるようです。