Apple純正ディスプレイが復活か、31.6インチ6Kディスプレイが2019年発売へ

Apple純正ディスプレイが復活か、31.6インチ6Kディスプレイが2019年発売へ

2019年2月18日

Appleは2019年に「31.6インチ6Kディスプレイ」を発売すると、アナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えています。Appleは2016年に「Thunderbolt Display」の販売を終了、以降は新しいディスプレイは登場していません。

Appleブランドのディスプレイが2019年に発売される?

Thunderbolt-Display
画像は「Thunderbolt Display」

Appleは2019年に「31.6インチ6Kディスプレイ」を発売すると、Appleの情報に詳しいアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が伝えています。

Appleは2016年に「Thunderbolt Display」の製造を終了、同年10月に開催されたスペシャルイベントで「LG UltraFine 5K Display」を発表しています。2017年には「新たなディスプレイを開発中」と明らかにしていました。

新型「Mac Pro」とともに登場する可能性

Appleは以前から新型「Mac Pro」を2019年に発売すると伝えられており、Appleはメモリなどをユーザーが簡単にアップグレードできるモジュラー方式を採用すると明らかにしています。

Appleブランドのディスプレイは新型「Mac Pro」とあわせて開発中とみられていることから、発表も同時期になることが予想されます。