次期iPhone、四角に配置されたトリプルレンズカメラを採用か ただしストレージ容量が最大モデルのみ

次期iPhone、四角に配置されたトリプルレンズカメラを採用か ただしストレージ容量が最大モデルのみ

2019年秋頃に登場するとみられている次期iPhoneについて、「HUAWEI Mate 20 Pro」のように四角い枠の中に3つのカメラが配置される「トリプルカメラ」仕様になると、Macお宝鑑定団が伝えています。

次期iPhone、トリプルレンズ仕様が登場する可能性が高い

iphone-xi-rumour-1
Ben Geskin氏が公開したレンダリング画像

2019年秋頃に発表されるとみられている次期iPhoneについて、メインカメラは四角形の枠の中に3つのレンズが配置された「トリプルレンズ」仕様になるようだとMacお宝鑑定団が伝えています。

中国のサプライヤーからの情報だといい、イメージとしては「HUAWEI Mate 20 Pro」のようなレンズになるとしています。

HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI Mate 20 Pro 公式サイトより

次期iPhoneがトリプルレンズ仕様になるという情報はWSJBloombergからも報じられており、2019年の新型iPhoneに採用される可能性は高いとみられています。

「トリプルレンズ」ストレージ容量が最大モデルのみ採用?

これまでの情報でトリプルレンズカメラは"最もハイエンドなモデル"に採用されるとされていますが、Macお宝鑑定団は"最もハイエンド"が意味するところは「ストレージサイズが最も大きい」という意味だと指摘。

そのためiPhone XS Maxの後継モデルだけでなく、iPhone XS後継モデルでも採用される可能性があるといいます。さらに中国のサプライヤーは「すでに、次期iPhoneの純正アクセサリーの開発も同時に進められていて、それらには背面に大きな穴が空いている」と話しているということです。

なお、ストレージ容量が最も大きいモデルを「最もハイエンド」と位置づけるということは、Appleは既に行っています。

2018年に発売された新型iPad Proでは、ストレージ容量が最も大きいモデル(1TB)のみ、通常モデルの1.5倍のメモリ(6GB)が搭載されています。