次期「iPhone」は他の端末へのワイヤレス充電に対応、バッテリー容量は最大25%増加か

次期「iPhone」は他の端末へのワイヤレス充電に対応、バッテリー容量は最大25%増加か

2019年に登場する次期「iPhone」について、Appleのリーク情報で著名なアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、3つの新しいiPhoneは「双方向ワイヤレス充電」に対応し、バッテリーが大型化すると伝えています。

「iPhoneでAirPodsをワイヤレス充電する」次期iPhoneは双方向ワイヤレス充電機能を搭載か

iphone-Wireless-charge

2019年に登場する次期「iPhone」は、iPhoneから他のデバイスをワイヤレス充電することが可能になる「双方向ワイヤレス充電」機能を搭載すると、Appleのリーク情報で著名なMing-Chi Kuo氏が伝えています。

Kuo氏によると、次期iPhoneは5.8インチ、6.7インチ、6.5インチの3モデルがラインナップされ、すべてのiPhoneが「双方向ワイヤレス充電」に対応するといいます。

「双方向ワイヤレス充電」は、iPhone本体の背面に「AirPods 2」などのワイヤレス充電対応デバイスを置くことで、iPhoneからAirPodsを充電できるというもの。同様にiPhoneiPhoneを充電するということも可能だといいます。

双方向ワイヤレス充電に対応するため、バッテリー容量が最大25%増加?

Kuo氏は双方向ワイヤレス充電に対応するため、次期iPhoneのバッテリーは大型化すると予測。具体的には5.8インチは20〜25%、6.5インチは10〜15%ほど増加するといい、6.1インチについてバッテリー容量はそれほど増えないとしています。

Samsungの「Galaxy S10」やHUAWEIの「Mate 20 Pro」など、すでに双方向ワイヤレス充電に対応したデバイスは登場しているため、Appleがこの機能を追加することはあり得る話。

実際に双方向ワイヤレス充電を使うかどうかは別としても、バッテリー容量が大きくなるのは嬉しいですね。