次期「macOS」、iPadをサブディスプレイにする機能を標準で搭載するとの情報

次期「macOS」、iPadをサブディスプレイにする機能を標準で搭載するとの情報

Appleは今秋リリース予定の次期「macOS」(macOS 10.15)で、MacのサブディスプレイとしてiPadを設定できる機能を標準機能として搭載する開発しているということです。9to5Macが伝えています。

「macOS 10.15」MacのサブディスプレイにiPadを設定する機能を標準搭載か

ipad

Appleが今秋にもリリースするとみられている次期「macOS」(macOS 10.15)に、MacのサブディスプレイとしてiPadを設定する機能が開発中だということです。

現在、MacのサブディスプレイにiPadを設定することは標準機能としては用意されておらず、Astro HQが提供する「Luna Display」や「Duet Display」などサードパーティーのデバイスやアプリが必要になります。

新機能はコードネーム「Sidecar」、iPadではアプリのウィンドウを全画面表示

この新機能はApple内部では「Sidecar」と呼ばれているといい、ウィンドウの最大化ボタン(緑色のボタン)にマウスカーソルを重ねることでメニューが開くとのこと。

sidecar

メニューからは「フルスクリーン」「タイル表示」「外部ディスプレイに移動」などが選択できるといい、「外部ディスプレイに移動」がiPadに対応するのだそう。

サブディスプレイになったiPad上でApple Pencilも利用でき、ペンタブレットのように利用することもできるのだといいます。

Appleは6月3日から開催する「WWDC 2019」で、次期「macOS」や「iOS」などを発表するとみられています。

Apple「WWDC 2019」の開催を発表 機械学習やARなど、デベロッパの画期的な作品を紹介