macOS Catalinaの新機能「Sidecar」は超便利だけど、ちょっと残念だったので今後に期待

macOS Catalinaの新機能「Sidecar」は超便利だけど、ちょっと残念だったので今後に期待

macOS CatalinaではiPadをMacのサブディスプレイとして利用することができる「Sidecar」という新機能が追加されました。注目度の高い新機能だっただけに、かなり期待していたのですが、実際に使ってみると正直もうちょっとがんばれ!という印象。今後に期待したい。

「Sidecar」は超簡単にiPadをサブディスプレイにできる

Apple-macOS-Catalina-sidecar-tethered-woman-drawing-06032019

macOS Catalinaでは、iPadをMac用ディスプレイとして利用することができる新機能「Sidecar」が追加されました。Sidecarを使えば、iPad上でのMacのウィンドウを表示できるだけでなく、Apple Pencilでの作業も可能になります。

実際に使ってみて驚いたのは「接続の簡単さ」。システム環境設定からSidecarを選択して、プルダウンからiPadを選択するだけで、iPadがサブディスプレイになります。

sidecar-1

Sidecarは「macOS Catalina に対応した Mac」と「iPadOS 13 に対応した iPad」が必要。

また、それぞれのデバイスで「同じApple IDを使ってiCloudにサインインしている」「Bluetooth、Wi-Fi、Handoffが有効になっている」「10 メートル以内」などの条件が必要になります。

sidecar-3

これまでサードパーティ製のアプリなどを必要としていたMacのサブディスプレイ化が超お手軽にできるという便利機能。これは捗るな―と思っていたら思わぬ落とし穴にでくわしました。

なぜか「Sidecar」で接続できないエラーが頻発

初めての接続では超簡単にSidecarを利用開始できましたが、その後はなぜか接続できないエラーが頻発。正直これでは使い物にならないレベル。

sidecar-5

個人の環境によるものなのか、macOS Catalinaの仕様や不具合によるものなのか、原因を切り分けて追求できていませんが、安定して使えなかければ無意味。

とはいえ、繋げてしまえばこれほど便利なことはないというのは魅力的。ちなみにiPadに接続したキーボードも普通に使えますし、ブロガーにお馴染みのブログエディター「MarsEdit」がiPad上で動かせます。

sidecar-7

今後のアップデートで、安定して使えるようになることを期待したいです。macOS Catalina以前の場合はサードパーティ製アプリも十分に実用可能レベルなので、お試しください。