「macOS Catalina」正式リリース!iTunesは廃止、iPadでデスクトップ拡張できる「Sidecar」など新機能

「macOS Catalina」正式リリース!iTunesは廃止、iPadでデスクトップ拡張できる「Sidecar」など新機能

Appleは10月8日、「macOS Catalina」を正式にリリースしました。Macに対応したApple Arcadeや、iPadと組み合わせることでデスクトップを拡張することができる「Sidecar」などが新機能として追加されています。

「macOS Catalina」正式リリース、iTunesは廃止

Apple_macOS-catalina-available-today_100719
macOS Catalinaの提供開始

Appleは10月8日、Mac向けに「macOS Catalina」を正式に提供開始しました。ゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」もMacに対応するなど多くの新機能が追加されます。

ユーザーにとって最も大きな変化は、長い間ユーザーに利用されてきた「iTunes」が廃止され、新アプリ「Apple Music」「Apple Podcast」「Apple TV」の3つに置き換わるという点。iPhoneなどiOSデバイスのバックアップなどはFinderから行うことができるようになります。

またiPadを2台目のディスプレイとして利用できる新機能「Sidecar」も追加。iPadをワイヤレス接続で利用でき、iPadのディスプレイをタブレット入力に利用し、スタイラス入力に対応するアプリケーションとApple Pencilを組み合わせて、イラストやスケッチを描いたり、手書きでテキスト入力することも可能になります。

Apple-macOS-Catalina-sidecar-tethered-woman-drawing-100719

「macOS Catalina」へのアップデートは無料。主な新機能やアップデートに対応するMacは以下の通り。

「macOS Catalina」に追加された主な新機能

  • iTunesが廃止され「ミュージック」「TV」「Podcast」の3つのアプリに分割
  • iPadアプリをMacで利用できる「Mac Catalyst」を公開
  • iOSデバイスのFinder経由でのバックアップ、アップデート、復元
  • 写真アプリ、新しい写真タブなど機能強化
  • メモアプリ、ギャラリー表示など機能強化
  • Safari、安全性の低いパスワードを警告するなど機能強化
  • リマインダーアプリ、新デザインや編集など機能強化
  • iPadを2台目のMac用ディスプレイとして使えるようにする「Sidecar」を追加
  • スクリーンタイム機能が追加
  • 子ども向けに「通信の制限」機能が追加(今秋提供予定)
  • セキュリティ機能を強化
  • 「探す」アプリを追加
  • Macの音声コントロールを追加

「macOS Catalina」に対応しているMac