たしかにバズってた!「#平成最後に自分史上一番バズったツイートを貼る」でTwitter視点で平成を振り返る

たしかにバズってた!「#平成最後に自分史上一番バズったツイートを貼る」でTwitter視点で平成を振り返る

4月30日をもって「平成」の時代が終わり、5月1日から「令和」の時代になります。Twitterでは「#平成最後に自分史上一番バズったツイートを貼る」というハッシュタグが拡散され、様々なツイートが寄せられています。

懐かしいバズったツイートから隠れた名言ツイートが続々

heisei

Twitterが日本に入ってきて10年足らずですが、間もなく終わる「平成」の時代に寄せて「#平成最後に自分史上一番バズったツイートを貼る」というハッシュタグが拡散されていました。

2018年に投稿された、東京ディズニーシーの人気アトラクション「タートルトーク」でプロポーズした男性の投稿や、上司から「アレ取ってきて」と言われた時のやり取りなど、「あー、Twitterで見たことある〜」と懐かしくなってしまう投稿が多数。(割と最近のものが多め)

激しい雷雨やひょうが降るなどして中止となった2017年8月19日の「たまがわ花火大会」で、悪天候の被害にあった真加藤沙織さんによるビフォーアフター写真は、画像のインパクトがすごかったですね。

#平成最後に自分史上一番バズったツイートを貼る」では多数の投稿が寄せられているので、バズったことがある人は参加してみては?

割と最近のツイートですが、ゲームセンターで子どもを助けた音ゲーマーの動画。

マリンバでのクラシックメドレーの速弾き動画などなど、「あー、たしかにTwittterで見たかも〜」となる懐かしいツイートが続々。

「#平成最後に自分史上一番バズったツイートを貼る」に寄せたれた投稿