UNO公式、再び驚愕の公式ルールを投稿「ワイルドとかリバースみたいなアクションカードでもあがれます」

UNO公式、再び驚愕の公式ルールを投稿「ワイルドとかリバースみたいなアクションカードでもあがれます」

世界中で人気のカードゲーム「UNO」の公式Twitterアカウントが5月7日、「(公式ルールでは)アクションカードでもあがることができる」と投稿しています。UNO公式Twitterは先日も「ドロー4やドロー2を重ねるのはルール違反」と投稿し、世界中から反響が集まっていました。

そうだったの!? UNO公式「ワイルドとかリバースみたいなアクションカードでもあがれる」

uno-action
画像はUNO公式Twitterより

世界中で人気のカードゲーム「UNO」の公式Twitterアカウントが5月8日、「(公式ルールでは)ワイルド、スキップ、リバースなどのアクションカードでもあがれます」と公式ルールを紹介しています。

UNO公式Tiwtterは先日も「(正式ルールでは)ドロー2やドロー4は重ねて重ねて次順に回すことはできない」と投稿し、世界中から驚きの声があがっていました。

今回投稿されたのはゲームを"あがる"時のルール。僕自身「数字のカード以外であがるのはルール違反で、最後に数字がなかったら2枚引く」という認識でしたが、公式ルールでは「ワイルド」「スキップ」「リバース」のカードでもあがることができるとのこと。

また日本語版のUNO公式アカウントも「オフィシャルルールは、記号カードでもあがることが出来るんです。知ってました!? あくまで公式ルールですが」と投稿。

ネット上では再び「知らなかった」「嘘だろ…」「そうだったの?」と驚きの声があがっています。

あくまでも「公式ルール」なので、今までどおりのハウスルールでもOK

UNO公式Twitterによると「ドロー2やドロー4を重ねるの禁止」「ワイルドなどであがってもOK」は公式ルールではあるものの、モバイルゲームの「UNO」(クラシック版)では一般的に楽しまれている"ハウスルール"が適用されているそう。

実際に遊ぶ時には公式ルールじゃなければダメという決まりはないですし、これまでどおりのルールで遊べばOK。でも、公式ルールで遊ぶと今までとは違った楽しさがありそうですね。