Appleが開発中の「忘れ物防止タグ」、iOS 13内部から見つかる

Appleが開発中の「忘れ物防止タグ」、iOS 13内部から見つかる

Appleが「友だちを探す」「iPhoneを探す」に代わる新しいアプリ「FindMy」で利用できる、忘れ物防止用のスマートタグを開発中だと報じられていますが、昨日公開されたiOS 13の開発者向けβ版の内部からもデバイスに関する情報が発見されています。

iOS 13内部から忘れ物防止タグに関する情報が見つかる

apple-tag
画像は9to5Macより

Appleが開発中と報じられていた忘れ物防止用のスマートタグに関する情報がiOS 13 beta 1内部から発見されたと、9to5Macが伝えています。

スマートタグは「Tile」のようなデバイスで、開発の関係者には「B389」という名前が知らされているとのこと。

iOS 13で発見されたのは、製品タイプ「Tag1,1」というアセットパッケージ。AirPodsなどと同じように、ユーザーのデバイスと製品をペアリングするために使われるもの。開発者のSteve Moser氏が最初に報告したといいます。

このスマートタグはiPhoneなどiOSデバイスとペアリングし、タグとデバイスが一定以上離れた時にユーザーに通知が送られるそうです。

「友だちを探す」「iPhoneを探す」に変わる統合アプリで利用可能になる?

AppleはWWDC 2019で「友だちを探す」「iPhoneを探す」を統合した新アプリ「Find My」を追加すると発表していますが、スマートタグも同アプリから利用できるようになるといいます。

タグのある場所はユーザー自身だけでなく、友人や家族とも共有することができるようになるのだとか。このスマートタグが発表されるのは、新型iPhoneのリリース日と予想される9月になると見られています。