着物の広告コピー炎上で「2015年度朝日広告賞 入選作」「メンズナックルの浴衣記事」が話題に

着物の広告コピー炎上で「2015年度朝日広告賞 入選作」「メンズナックルの浴衣記事」が話題に

2016年度に掲出された呉服屋「銀座いせよし」のポスターがSNSで物議を醸していた問題で、同じく着物を題材とした広告やメンズナックルの記事がTwitterで注目を集めています。

"着物が出てこないのに、着物文化を伝えている広告"が話題に

呉服屋「銀座いせよし」のポスターが、「ハーフの子を産みたい方に。」などのキャッチコピーが掲載されたポスターで物議を醸していた件で、他の着物に関連した広告などに注目が集まっています。

1つは2015年度「朝日新聞 広告賞」に入選した、着物の着付け教室「彩きもの学院」の新聞広告。「着ていなくても、身についている。」という広告で、着物が一切出てこないにも関わらず、着物文化を伝えているといった作品。

山田尚文、
山田尚文、
@ymdtkfm_

着物の広告なら(これは着付けですが)こういう視点の方が人を動かしそうだと思う。

「着ていなくても、身についている。」(2015朝日広告賞 入選作) https://t.co/fLJgEsg9rb

11414038605246504960

審査員を務めた「くまもん」の生みの親と知られる放送作家・脚本家の小山薫堂氏は「着物を見せずして着付けの奥深さを伝えている。高齢の女性読者に『孫を着付けに通わせよう』などと思わせる力がある」とコメント。

コピーライターの児島令子氏は「着付けのことだけでなく、着物文化の精神性や行儀まで伝えている。着物が一切出てこないというのがすばらしい」と評価しています。

「俺クラスになると逆算して先に壁ドン」メンズナックルの浴衣記事も注目

また独特な見出しで知られる男性向けファッション誌「MEN'S KNUCKLE(メンズナックル)」の浴衣を紹介する記事にも注目が集まっています。

銀座いせよしの着物の広告が話題になってるのでメンズナックルの浴衣でも見るか https://t.co/i8uc4LHYNP

11414755567869706240114147555678697062411141475556786970624211414755567869706243

渋谷の大地に俺が立つ!それは平安時代から決められた運命」「俺クラスになると逆算して先に壁ドン。ココに女の方から来る」など安定の"メンナク"クオリティに、Twitterでも「笑いが止まらない」といったコメントが寄せられています。