小泉進次郎&滝川クリステルの結婚、官邸で”会見”に「公私混同」など批判 官邸記者が説明「会見したは誤り」

小泉進次郎&滝川クリステルの結婚、官邸で”会見”に「公私混同」など批判 官邸記者が説明「会見したは誤り」

2019年8月9日

小泉進次郎衆議院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステルが8月7日、首相官邸で結婚を報告した件について、ネット上では「首相官邸で会見は公私混同」などといった批判の声があがっていました。この批判に対し、毎日新聞記者の宮原健太氏がTwitterで、小泉氏を主語に「会見した」とするのは誤り、と説明しています。

小泉進次郎議員と滝川クリステルの結婚発表、官邸前での報告は「会見」ではなく「ぶら下がり」

koizumi
小泉進次郎公式サイトより

小泉進次郎衆議院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステルが8月7日、首相官邸で結婚を報告。ビッグカップルの誕生に「官邸で結婚会見」などと報じる媒体が多く見られました。

ネット上では「官邸で結婚会見」ということに、「公私混同」などといった批判の声があがっていましたが、正確には「あれは『会見』ではなく『ぶら下がり』です」と毎日新聞記者の宮原健太氏が説明しています。

宮原氏はTwitterで「小泉進次郎氏、滝川クリステル氏の結婚報道について色々と批判も出ているので官邸の記者として少し説明します」と切り出し、「両氏が官邸で記者の取材を受けましたが、あれは『会見』ではなく『ぶら下がり』です」と説明。

「会見」とは違い、記者が官邸に出入りする政治家に対し自主的に声をかけた「ぶら下がり」というものであり、「小泉氏を主語に『会見した』『発表した』とするのは誤り」だと指摘。「『記者の質問に答えた』『明らかにした』というのが正しい」とのこと。

takigawa
滝川クリステルのInstagramより

また「官邸に報告に来るのがおかしい」という批判については、「治家が総理、長官に私的に近況報告に来ることはあるので、それを『結婚は別』と切り離すのは私は難しいと思います」と説明。

「こんなに騒ぐことか」という批判については、「それは私はその通りだと思います」とし、「有名人同士の結婚ではありますが、特に新聞での扱いが大きすぎる」「政治的な話題ではないのに、政治を巻き込んだ結果ですが、そこは踊らされず冷静に価値判断をすべきで、反省しないといけないかもしれません。あくまで、個人的見解ですが」としています。

毎日新聞記者・宮原健太氏による説明