新宿の富士そば「タピオカ漬け丼」を販売、「イクラ風な味付」「食感はモチモチタピオカ」

新宿の富士そば「タピオカ漬け丼」を販売、「イクラ風な味付」「食感はモチモチタピオカ」

新宿にある「富士そば三光町店」において、1日数量限定で「ミニいくら風タピオカ漬け丼セット(かけ/もり)」が販売されているとTwitterで話題になっています。実際に食べてみたというユーザーからは「マジでいくら感あるしいける」などの声があがっています。

「富士そば」でタピ活!?「ミニいくら風タピオカ漬け丼セット」560円

fujisoba-1
「名代 富士そば」ロゴマーク

東京・新宿5丁目にある「名代 富士そば 三光町店」で、数量限定「ミニいくら風タピオカ漬け丼セット(かけ/もり)」が販売されているとTwitterで注目されています。

この珍しいメニューを報告したのは2015年に国内全店の富士そばで実食を果たし、「富士そばライター」を自称する名嘉山直哉さん(@l_f_nakayama)。

「女子のみなさん。富士そばでタピ活できますよ」

タピオカ丼を提供している店舗の店員によると売れ行きは良くないようで「あまり出なくて、短命になるかも」と話しているそう。

さすがにタピりたい女子のニーズは富士そばには合わないのか、タピオカが持つ甘そうなイメージが"丼"との相性が悪いのか、気になるポイントはたくさんありますが……。

名嘉山さんによると「名代 富士そば 三光町店」の店長は、普段から「インパクト重視」を公言しているといい、過去にも「カレーなるミニ厚焼き玉子丼」などの珍奇メニューを提供してきたのだそう。

なお「ミニいくら風タピオカ漬け丼セット(かけ/もり)」の価格は560円。

実食したユーザーからは高評価?「マジでいくら感あるしいける」

名嘉山さんのツイートをきっかけに、実際に「タピオカ丼」を食べに行ってみたというユーザーからは「タピオカはきちんとイクラ風な味付け」「食感はモチモチタピオカでした」「マジでいくらかんあるしいける」など高評価。

なおタピオカはキャッサバの根茎から製造したデンプン。カロリーは100gあたり346.1kcal。タピオカミルクティーもカロリーの高さが話題になっていましたが、タピオカ丼はさらに炭水化物(白飯)なので、すごく罪深いメニューかも……。

Twitterでは「糖質on糖質」「炭水化物×炭水化物」などの声も。興味のある人は足を運んでみてはいかがでしょうか。

名代 富士そば 三光町店