Chromeを更新するとMacが起動不可能になる不具合が判明、Googleが修正方法を公開

Chromeを更新するとMacが起動不可能になる不具合が判明、Googleが修正方法を公開

Googleが提供するブラウザ「Google Chrome」のソフトウェアアップデートで、Macが起動不可能になる不具合が判明しています。不具合が確認されているのはSPIを無効にしているMacで、Googleは対処方法を公開しています。

Chromeのソフトウェアアップデートで一部のMacが起動不可能になる不具合

mac-book

Googleが提供するブラウザ「Google Chrome」のソフトウェアアップデートを行ったところ、Macが起動不能になるという不具合が報告されています。

不具合が報告されているのは、macOSのSystem Integrity Protection(SIP / システム整合性保護)を無効にしているMac、もしくはSIPに対応していないMac(OS X 10.11以降)。Chromeのアップデート(1.2.13.75)を適用すると発生すると報告されています。

Googleがリカバリー方法を公開

Googleはすでに原因となるアップデートの配信を停止。Gppgleはターミナルからコマンドを入力することで、ソフトウェアアップデートを削除する方法を案内しています。

不具合の影響を受け起動しなくなったMacをリカバリーモードで起動し、ユーティリティからターミナルを起動。以下のコマンドを実行することで、当該ソフトウェアアップデートが削除され、ファイルシステムの破損した部分が復元されるということです。

chroot /Volumes/Macintosh\ HD [note: “Macintosh HD” is the default]

rm -rf /Library/Google/GoogleSoftwareUpdate/GoogleSoftwareUpdate.bundle

mv var var_back # var may not exist, but this is fine

ln -sh private/var var

chflags -h restricted /var

chflags -h hidden /var

xattr -sw com.apple.rootless “” /var

コマンド入力後は再起動が必要になります。多くのユーザーはSIPが有効(デフォルトの設定では有効)になっているため影響は受けませんが、無効にしている人は注意が必要です。