iOSおよびiPadOSに脆弱性、最新版へのアップデート推奨――JPCERTコーディネーションセンター

iOSおよびiPadOSに脆弱性、最新版へのアップデート推奨――JPCERTコーディネーションセンター

コンピューターのセキュリティ情報を収集し、セキュリティ関連情報の発信などを行う一般社団法人「JPCERTコーディネーションセンター」は9月30日、iOSおよびiPadOSに脆弱性があると報告しています。対策として、Appleが提供する最新版へのアップデートを推奨しています。

「iOS」「iPadOS」に脆弱性、JPCERTコーディネーションセンターが報告

ios-13

コンピューターのセキュリティ情報を収集し、セキュリティ関連情報の発信などを行う一般社団法人「JPCERTコーディネーションセンター」は9月30日、iOSおよびiPadOSに脆弱性があると報告しています。

脆弱性により想定される影響は「サードパーティ製アプリの App Extension に、サンドボックスによる保護が正しく適用されない可能性」だといいます。

影響を受けるのは「iOS 13.1.1 より前のバージョン」「iPadOS 13.1.1 より前のバージョン」となっています。

Appleが提供する最新版へアップデートを推奨

JPCERTコーディネーションセンターは対策方法として「Apple が提供する情報をもとに最新版へアップデートしてください」と案内しています。

Appleは9月20日に「iOS」「iPadOS」を提供開始していますが、公開から11日で2回のアップデートを配信しています。