国語辞典「大辞泉」が選ぶ”新語大賞 2019″を発表、大賞は「イートイン脱税」

国語辞典「大辞泉」が選ぶ”新語大賞 2019″を発表、大賞は「イートイン脱税」

小学館は12月2日、国語辞典「大辞泉」編集部が選ぶ「新語大賞2019」を発表しました。大賞に選ばれたのは「イートイン脱税」。一般から投稿された語釈(意味)は「食品を持ち帰り税率の8パーセントで会計して、イートインで食べること。本来であればその場で食べる場合は税率10パーセントで会計しなければならない」としています。

daijisen-shingo-2019

小学館が「大辞泉が選ぶ新語大賞 2019」を発表しました。大賞には「イートイン脱税」が選ばれました。

小学館の国語辞典「大辞泉」編集部が、明治大学国際日本学部の田中牧郎教授とともに、一般から寄せられた1,927本の投稿から選定。他の新語とともに「大辞泉」各種アプリなどに正式に収録・掲載されます。

「イートイン脱税」について、一般から投稿された語釈は「食品を持ち帰り税率の8パーセントで会計して、イートインで食べること。本来であればその場で食べる場合は税率10パーセントで会計しなければならない」となっています。。正式な語釈は今後の改定時に「デジタル大辞泉」のデータとして収録される予定。

次点には、吉本興業関連で注目された「闇営業」、スポーツなどの大きな大会のときだけに盛り上がる人などを揶揄する「にわかファン」が選ばれています。

ユーザーからの投稿数ベスト1は「タピる」

一般ユーザーからの投稿数トップは「タピる」がトップ、2位には「令和」がランクインしています。3位からは大きく投稿数が減り「上級国民」「ワンチーム」などが入っています。

順位新語候補投稿本数
第1位タピる114本
第2位令和102本
第3位上級国民52本
第4位ワンチーム22本
第5位闇営業19本
第6位タピ活17本
第7位草 / 草生える16本
第8位ポイ活14本
第9位イートイン脱税13本
第10位にわかファン10本