ずっと待ってた!「iOS 14」メールとブラウザの標準アプリをサードパーティに変更可能

ずっと待ってた!「iOS 14」メールとブラウザの標準アプリをサードパーティに変更可能

Appleが今秋リリースする「iOS 14」「iPadOS 14」では、デフォルトで指定されている「メールアプリ」「Safari(ブラウザ)」を、変更できる機能が追加されています。標準のブラウザをChromeやSmoozにしたり、メールアプリをSparkにしたりすることができます。

iOS 14で地味だけど超嬉しいアップデートが!

ios-14-default-app
iPadOS Preview - Apple

Appleが今秋リリース予定の「iOS 14」「iPadOS 14」に、多くのユーザーが待望したアップデートが追加されています。地味な機能なので、スペシャルイベント基調講演では紹介されませんでしたが、これは助かる……!!

その機能は「デフォルトのメールアプリとブラウザアプリを設定する」というもの。メールやウェブサイトで、リンクをクリックした時に開くアプリに、標準アプリ以外を指定することができるようになります。

これまでメールは標準の「メール」アプリ、ブラウザは「Safari」でしか開くことができなかったリンクが、サードパーティ製アプリで直接開けるようになります。

ios-14-default-app-1
iOS 14 Preview - Features - Apple

iOS/iPadOSで動作するメールアプリ、ブラウザアプリはたくさんありますが、この機能が搭載されれば、真の意味で「メールアプリ/ブラウザアプリの乗り換え」が可能になります。

どうせSafariでしか開けないから……と使うのが面倒になっていたサードパーティ製のブラウザアプリ。Chromeにするもよし、Smoozにするもよし、Firefoxにするもよし、自分の思いのまま!

そうはいっても「Safari」はiOS 14でも進化

サードパーティ製のブラウザを指定できるからといって、Safariを使い続ける意味がないのか?と言われれば、NOです。

Appleのプライバシーポリシーに則った信頼感もありますし、iOS 14ではSiriが進化したことでSafari内に翻訳機能も追加されます。

ブラウザはともかくメールは変更したいという人は多そう。正式リリースは今秋予定。7月にはPublic Beta版が公開されます。