iOS 14「探す」アプリをサードパーティに開放、他社製アクセサリーが利用可能に

iOS 14「探す」アプリをサードパーティに開放、他社製アクセサリーが利用可能に

Appleは今秋リリース予定の「iOS 14」など次期OSで、サードパーティのトラッキングアクセサリーを「探す」アプリのネットワークに統合すると発表しました。Appleは忘れ物防止タグ「AirTags」を発表すると予測されていますが、他社製アクセサリーも利用できるようになる可能性があります。

「探す」アプリがサードパーティに開放されます

lockup
Find My network - Apple Developer

Appleは今秋リリース予定の「iOS 14」や「iPadOS」「macOS Big Sur」などで、「探す」アプリの対象デバイスを、サードパーティにも開放します。

iOS 14のプレスリリースでは、「新しい『探す』ネットワークアクセサリプログラムにより、『探す』アプリケーションがAppleのデバイスに加えてサードパーティ製のデバイスやアクセサリに対応するようになりました」と説明しています。

新しい「探す」ネットワークアクセサリプログラムにより、「探す」アプリケーションがAppleのデバイスに加えてサードパーティ製のデバイスやアクセサリに対応するようになりました。これからは、ほかの重要なアイテムを紛失してしまった場合でも、「探す」アプリケーションを使って探せるようになります。ユーザーのプライバシーはネットワークの中核に据えられており、内蔵の「オフライン状態のデバイスを探す」機能はエンドツーエンドで暗号化されます。アクセサリおよびデバイスのメーカー向けのドラフト版の仕様は、本日より利用可能になります。

Apple、iOS 14でiPhoneの体験を刷新 - Apple (日本)

「探す」アプリでは、Apple IDに紐付けられたデバイスの場所を、アプリやブラウザから確認したり、友達や家族が今どこにいるのか共有したりすることができます。

今回のネットワーク開放を受け、iPhoneやMac、AirPodsなどApple製品ではないサードパーティ製デバイスであっても、「探す」アプリを使って探すことができるようになります。

忘れ物防止タグ「AirTags」は年内には登場する?

サードパーティ製デバイスが「探す」アプリに対応するためには、アクセサリー側がAppleにサインインできるようになる必要があります。

Appleは2020年末までに、サードパーティ製アプリの「探す」アプリ対応を公開する予定。またAppleはU1チップもサードパーティに開放することを発表しているため、ARを使った捜し物もできるようになる見通し。

開発中と噂されている忘れ物防止タグ「AirTags」も、年内には発表される可能性が濃厚ですね。