「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を食べてみた。ストイックメニューなのに味はストイックじゃなかった

「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を食べてみた。ストイックメニューなのに味はストイックじゃなかった

たまにはUber Eatsでもしてみるかとアプリを開くと「究極のブロッコリーと鶏胸肉」というすごいお店を見つけてしまった。多くのメディアでも取り上げられているお店だそうで、試しに食べてみたらめちゃくちゃ美味かった。

「究極のブロッコリーと鶏胸肉」ってどんなお店?

qbt.jpg
究極のブロッコリーと鶏胸肉(QBT) 公式HP

「究極のブロッコリーと鶏胸肉」というお店がUber Eatsにあったので食べてみました。結論からいって、めちゃくちゃ美味いです

いわゆる「ゴーストレストラン」と呼ばれるデリバリーを中心としたイートイン(店内飲食)をする実店舗を持たない形態で、公式サイトを見ると都内を中心に約30店舗あるようです。

テレビなどのメディアでも取り上げているようで、著名人もSNSで「美味い」とコメントしているとのこと。(紹介されていた著名人がちょっとアレな人が多くて不安ですが)

その名の通り「ブロッコリー」と「鶏胸肉」のみというメニュー。ダイエットやトレーニングに励んでいる人向けで「味・栄養素・価格を究極に追求した低糖質食」です。

qbt-6.jpeg
300g(タンパク質 49g/糖質4.2g/脂質3.5g)

今回注文してみたのは1人向け300g。他にも450gや、みんなで食べれる600g〜1500gまでのラインナップ。一緒に販売されているドレッシングを頼むと良いそう。ドレッシングは塩コショウ・カロリーハーフマヨネーズ・ポン酢・和風おろし・旨しお・七味マヨ・ごま・チリの8種類。

「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を食べてみる

qbt-1.jpg
ブロッコリーと鶏胸肉だけ

鶏胸肉というと「サラダチキン」のような商品を想像してしまいますが、食べてみると全くの別モノ。超ストイックな商品だから、味も超ストイックなのではと期待していなかったのですが、めちゃくちゃ美味い。

お肉はパサパサ感はいっさいなく、柔らかくて食感も最高。塩コショウで食べてみたのですが、人生で食べてきた鶏むね肉で一番美味いかもしれない。

qbt-4.jpg
圧倒的なストイックメニューに見える

感動したのはブロッコリー。ブロッコリー特有の青臭さみたいなものがなく、こちらも柔らかくて食べやすく、何よりめちゃくちゃ美味い。人生で食べてきたブロッコリーで一番美味いかもしれない。(鶏むね肉に続き2回目)

qbt-3.jpg
感動する美味しさのブロッコリー

鶏むね肉とブロッコリーだけですが満足感はかなりのもの。これなら毎日食べても飽きそうにない。

唯一の難点は価格。今回頼んだ一番小さい300gは1200円。これにドレッシング(50円〜80円)を追加し、Uber Eatsの配送料が加わると約1500円になる。

めちゃくちゃ美味いので1500円でも納得ではあるが、毎日食べるにはちょっと厳しいお値段。そもそもUber Eatsの価格設定がこのくらいだが……。たまの贅沢に「究極のブロッコリーと鶏胸肉」は良いかもしれない。