「Apple Warch Series7」はベゼルが薄く、スポーツモデルとSE後継は2022年にーーBloomberg

「Apple Warch Series7」はベゼルが薄く、スポーツモデルとSE後継は2022年にーーBloomberg

2021年6月15日

Appleが2021年に発表する「Apple Watch Series 7(仮)」では、ディスプレイのベゼルがさらに薄くなり、ディスプレイ表示はより前面に近づくアップデートが行われる可能性があるようです。また開発中と予測されているエクストリームスポーツモデルは2022年に発売される可能性が高くなっているとのこと。

「Apple Watch Series 7」ベゼルがさらに薄くなり、新しいラミネーション技術を採用か

apple_wwdc21-watchos8_hero_06072021
WWDCで発表された「watchOS 8」

Appleが2021年に発売予定とされる「Apple Watch Series 7(仮)」では、ディスプレイの境界(ベゼル)がさらに薄くなり、ディスプレイを前面カバーに近づける新しいラミネーション技術がテストされているようです。Bloombergが報じています。

当初2021年モデルでは「体温センサー」を搭載することが計画されていたそうですが、2022年のアップデートに含まれる可能性が高く、血糖値を測定するセンサーの搭載は数年先になる可能性があるようです。

Apple Watchの測定項目については、イギリスのスタートアップ企業Rockley Photonicsがニューヨーク市場での株式公開に向けた資料から、主要顧客がAppleであることが判明

Rockley Photonics社の非侵襲的光学センサーで測定できる項目は血糖値や血中アルコール濃度など幅広く、同社のCEOが「来年には同社のテクノロジーが消費者向けの製品に搭載されると期待している」と発言していることから、2022年にはApple Watchでの測定項目が増える可能性が期待されていました。

Apple Watch、血糖値・血圧・アルコール濃度・乳酸などの測定機能を2022年に搭載か

Bloombergによると2021年モデルでは、ディスプレイのベゼルがさらに薄くなり、ディスプレイの表示がさらに前面に近づく新しいラミネーション技術が採用されるとのこと。この変更により、Apple Watch本体はわずかに厚くなる可能性があるそうですが、ユーザーが気づかないレベルだそう。またUltra Widebandも搭載されるようです。

Appleの情報に詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Apple Watch Series 7はデザインが刷新される可能性を示唆。Appleのリーク情報で定評のあるJon Prosser氏は「フラットエッジデザイン」が採用されると伝え、リーク情報に基づいたイメージ画像も公開されています。

s7-silver.jpg
s7-black.jpgs7-black-silver.jpg
s7-blue-green.jpgs7-green-blue.jpg
s7-green.jpgs7-red-green-blue.jpg
次期「Apple Watch」フラットエッジのデザインを採用か「Apple Watch Series 7」リーク情報から作成されたイメージ画像

エクストリームスポーツモデルとSE後継は2022年に

またBloombergが今年3月に伝えていたエクストリームスポーツなど過酷な環境での利用を想定し、頑丈なケースを備えたApple Watchは2022年に発売される可能性が高くなっているとのこと。

このモデルはApple内部で「エクスプローラー」または「アドベンチャー」エディションと呼ばれているそう。

また廉価版モデルのApple Watch SE後継モデルも、2022年に発売される計画だということです。

drip公認バリスタ