iPadOS 16、リリースを1か月延期。10月に提供へ――Bloomberg

iPadOS 16、リリースを1か月延期。10月に提供へ――Bloomberg

2022年8月5日

Appleは例年9月に新しいiOSおよびiPadOSのメジャーアップデートを提供していますが、今年はiPadOSの提供が1か月延期され、10月に提供される計画のようです。Bloombergが伝えています。

iPadOS 16は1か月遅れで提供。マルチタスク機能を改善するため

Apple-WWDC22-iPadOS16-Stage-Manager-220606.jpg

Bloombergによると、iPadOS 16のリリースは1か月遅れる計画になっているようです。

Appleは例年、9月にiOSとiPadOSのメジャーアップデートを提供しています。通常であればこれらは同時にリリースされますが、今年はiOS 18のみ9月にリリースされ、iPadOS 16は10月になる計画とのこと。

遅れの理由は、iPadのマルチタスク機能を改善するためとのこと。iPadOS 16では新たなマルチタスク機能として「ステージマネージャ」が追加されています。

iPadOS 16と同じく「ステージマネージャ」を新たに追加するmacOS Venturaは、予定通り10月にリリースされる予定とのこと。

なおAppleはM2チップを搭載したiPad Proと、USB-Cポートを搭載し、より高速になったエントリーレベルのiPadを計画していると報じられています

drip公認バリスタ