AppleのMRヘッドセット、OSの社内開発は完了。コンテンツ強化に注力中

AppleのMRヘッドセット、OSの社内開発は完了。コンテンツ強化に注力中

2022年11月15日

Appleが2023年に発表すると予測されているMRヘッドセットについて、BloombergのMark Gurman記者が最新の情報を伝えています。「realityOS」の社内開発は完了しているといい、現在はコンテンツ開発を強化しているようです。

Appleの求人情報などを見ると、MRコンテンツの開発を強化している模様

apple-headset-2.jpg
デザイナーのIanZelboによるレンダリング

BloombergのMark Gurman記者によると、Appleが開発中とされているMRヘッドセットに関連する情報が、Apple社の求人情報や人事異動の情報から読み取れると伝えています。

AppleのMRヘッドセットについて、これまでわかっている情報では、2023年まで登場する予定はないと予測されています。

M2と同等のチップや、ヘッドセットの内外に10台以上のカメラが配置され、マスマーケット向けでは最も高い解像度のディスプレイになり、価格は2000ドル超になると伝えられています。Metaの発表した最新のHMD「Meta Quest Pro」が1,499.99ドル(日本では22万6800円)なので、さらに高い価格設定です。

「realityOS」と呼ばれる新しいOSを搭載するとみられ、Appleがソースコード内でうっかりリークしてしまうという出来事で発覚。社内でのコードネームは「Oak」と呼ばれているといい、社内的な開発は完成しているのだそう。

またAppleは「Reality One」、「Reality Pro」などの商標を出願していることも明らかになっています。

Mark Gurman記者によると、過去数か月のAppleの求人情報や、ヘッドセットの担当チームTechnology Development Group (TDG)の情報を見ると、Appleはヘッドセット向けのコンテンツの強化を行っていることがわかると伝えています。

さらにコンテンツがApple独自のものだけにならないよう、サードパーティが参入しやすいよう、ツールとフレームワークの開発者も募集しているとのこと。

Appleの情報に定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏は、Appleのヘッドセットは業界のゲームチャンジャーになる、と伝えていました。

そうは言っても、2000ドル超という価格だと手が出なそう。個人的には2024年後半に登場が噂されているARメガネのほうが気になります。

drip公認バリスタ