MacBook Airの内蔵HDDを軽くしよう!全部やったら100GB以上空きができました!

mac_tips_hddcleaning

@JUNP_Nです。Macbook Airの内蔵HDDを軽くしてリフレッシュしたい!ということで色々やってみた結果、ディスク容量が100GB以上空きました!その方法をご紹介します。

不要なファイルやアプリは削除!溜まったキャッシュも削除!

不要なデータファイル、不要な言語環境、不要なアプリ、そして溜まったキャッシュ。それらを持ち運ぶMacBook Airに入れているメリットは全くない!

ということでそれらを全部削除してやりました!

以前はAppCleanerなどを利用してアプリの削除をしていましたが、Magicanというアプリを利用すればアプリだけでなく、キャッシュなども全て削除することができます。

参考:2クリックで10GBも空き容量が増えた!Macの大掃除にMagicanは試してみる価値がある!

Mac tips hddcleaning 3

重複ファイルがないかどうかもスキャンしてくれます。これおもなかなか便利な機能。重複してファイルを持っているメリットは全くないですから!

Mac tips hddcleaning 2

アプリのアンインストールもワンクリックです。AppCleanerなどと違って、アプリをドラッグ&ドロップをする必要もないので簡単です。

Mac tips hddcleaning 1

iTunesのデータは外部ディスクへ!出先で音楽を聞きたかったら「exfm」で!

出先でiTunesから音楽を聴くということはたまにありますが、長時間音楽を聴くということはあまり多くありません。それなら好きな曲だけ聞ければいいということで、iTunesのデータは不外部ディスクへ移動することにしました。

詳しい方法は以下。

もし外出先で音楽を聴きたくなったら「exfm」を使うといいですよ。

iPhotoのデータも外部ディスクへ!もしくはJPEG miniを使って画像を軽量化!

iTunes同様に外出先でiPhotoが必要なケースも多くない。それならやっぱり外付けHDDをに入れてしまおう!

詳しい方法は以下。

でも、どうしてもiPhotoは内蔵ディスクで管理したいと考えている人はJPEG miniというアプリを利用すると大幅に画像データを小さくすることができますよ。見た目にほとんど劣化もないですし、僕はプリントすることもないので全部の画像をJPEG miniで軽量化してしまいました。ご利用は自己責任で。

僕の場合、iPhotoとiTunesのデータだけで100GB以上あったので外付けHDDに移動させただけで内蔵HDDの空き容量は大きくなりました。

不要なアプリやキャッシュ等の削除で約20GB程度空きが出ました。

不要なものは削除して、持ち運ぶ必要がなさそうなファイルは全部外部ディスクへ。たったこれだけのことですが、やるとなったら面倒。時間のある時にお試しください。

[adrotate banner=”120″]

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング